インスタグラムにログインできない原因7つとその対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもと同じようにインスタグラム(Instagram)を利用しようと思ったら、ログインできない問題が起きてお困りではありませんか?

アプリを開こうと思ったらなぜかログイン画面になっており、そこにユーザーネームとパスワードを入れたのにログインできないというのは、頻繁にインスタグラムを利用している方にとって重大な問題です。

そこで当記事ではインスタグラムにログインできない問題でお困りの方のために、考えられる原因を段階別に解説し、問題解決のお手伝いをします。普段から自動的にログインしているのでユーザーネームやパスワードを聞かれても分からないといった問題もあると思いますので、その場合の対処法も含めて解説します。

目次:

1.インスタグラムにログインできない時に考えられる原因7つ
・1-1.ユーザーネーム、パスワードが間違っている
・1-2.電波状態が悪い
・1-3.インスタグラムがアップデートされた直後
・1-4.アプリのバージョンが古い
・1-5.他にも同時にログインしようとしている
・1-6.インスタグラム側の問題
・1-7.何者かにアカウントを乗っ取られている可能性
2.ユーザーネーム、パスワードがわからない時の対処法
・2-1.ユーザーネームがわからない場合
・2-2.パスワードがわからない場合
・2-3.ユーザーネーム、パスワードの両方が分からない場合
3.もしかしてアカウント乗っ取り?と思ったら
・3-1.上記の方法でログインできたらすぐにパスワードを変更
・3-2.上記の方法でログインできない場合は運営に連絡
4.今後ログインできない事態を防ぐために
・4-1.パスワード管理アプリを活用する
・4-2.自分特有のパスワード生成ルールを作っておく
・4-3.ユーザーネームとパスワードをメモしておく
5.まとめ

1.インスタグラムにログインできない時に考えられる原因7つ

インスタグラムにログインできないという目の前の問題について、考えられる原因を、すぐに解決できる簡単な原因から順に解説していきます。上から順に段階を踏んでチェックしてみて、それが原因ではない場合は次に進むといった要領で読み進んでください。

1-1.ユーザーネーム、パスワードが間違っている

最も基本的なことですが、ログイン画面に入力したユーザーネームやパスワードがどちらか一方でも間違っているとログインはできません。そんなことは百も承知だと思いますが、ここで落とし穴になりがちなのが大文字と小文字の区別です。インスタグラムのログイン情報は大文字と小文字を区別するので、それが間違っていてもログインはできなくなります。

また、スマホ上の操作なので間違って隣の文字をタップしてしまい、その余計な文字が入ってしまっていることによってログイン情報が間違って入力される可能性も否定できません。

また、ユーザーネームを入力する際に検索時に表示される「@(アットマーク)」を入力してしまう人がいますが、これはログイン時には不要なので、間違って@をつけていないかも確認してみてください。

1-2.電波状態が悪い

電波状態が悪くスマホがうまく通信できていない状態だと、当然ながらインスタグラムへのログインもうまくいかないことになります。普段使っている場所なのにログインできないという場合、Wi-FiがオンになっているもののWi-Fiの電波状態があまり良くなく、途中でモバイル回線に切り替わったりするような中途半端な状態になっているとインスタグラムへのログインができないトラブルにつながります。

また、飛行機から降りたばかりの方や、LINEの既読回避などの目的で機内モードに設定したままになっていると、これもスマホが通信をしないためインスタグラムにもログインできません。

電波状態と通信に関する設定を、一度確認してみてください。

1-3.インスタグラムがアップデートされた直後

アプリがアップデートされた直後は再度ユーザーネームとパスワードの入力を求められることがあります。久しぶりに入力を求められたことでパスワードの記憶があいまいになってしまい、ログイン情報が正確でないことが原因かもしれません。

1-4.アプリのバージョンが古い

逆にアプリのバージョンが古いままになっていると不具合の原因になるので、そのせいでログインできなくなってしまう可能性もあります。自動アップデートを設定しない場合は古いバージョンのままになっているかもしれないので、以下のリンクから最新版をダウンロードしアプリのアップデートをしてみてください。

Android版

iOS版

1-5.他にも同時にログインしようとしている

企業のアカウントなど複数の人が同じインスタグラムのアカウントを管理している場合、異なるデバイスや場所で同時にログインを試みることもあるでしょう。このこと自体に問題はないのですが、あまりにも多くの台数で同時にログインしようとするとアカウントの乗っ取りなど何らかの不正が起きたのではないかと判断され、ログインできなくなることがあるようです。

インスタグラムを所有するFacebook社からは同時ログインが問題になるという明確な言及はありませんが、「あまりにも多く」なるとログインできなくなる可能性があるかもしれません。

1-6.インスタグラム側の問題

ユーザーのせいではなく、インスタグラム側にサーバートラブルやネットワーク障害などが起きていると、正しくログインできなくなる可能性があります。この場合は問題が解決するまで待つしかありません。

ネット上には大手SNSのサーバートラブルなどに関する情報を交換しているサイトがあります。非公式なものですが、ログイン情報や方法を間違っていないのにログインできない場合は、こうした情報なども探ってみてインスタグラム側に問題が起きていないか確認してみてください。

1-7.何者かにアカウントを乗っ取られている可能性

インスタグラムはユーザー数の多い大手SNSなので、FacebookやTwitterと同様にアカウント乗っ取りの被害が多発しています。何者かにアカウントを乗っ取られて乗っ取り犯にパスワードを変更されてしまうと正規のユーザーがログインできなくなってしまいます。

乗っ取りによってログインできないことが疑われる場合の対処法は、後述します。

2.ユーザーネーム、パスワードがわからない時の対処法

ログイン情報を失念してしまい、そのためにログインできないときの対処法を解説します。

2-1.ユーザーネームがわからない場合

パスワードは分かっているものの、ユーザーネームが分からない場合は、登録に使用したメールアドレスや電話番号を使ってもログインができます。ユーザーネームの代わりにこれらの情報を入力してみてください。

こちらはインスタグラムのログイン画面ですが、ご覧のようにユーザーネームだけでなく電話番号やメールアドレスも有効であることが分かります。

2-2.パスワードがわからない場合

パスワードが分からずログインできない場合は、2つの対処法があります。

2-2-1.Facebookアカウントでログインする

Facebookアカウントを使ってインスタグラムにログインしたことがある場合は、それが記憶されているので、Facebookアカウントを使ってログイン可能です。Facebookとの連携をしていて一度でもログインしたことがあると、ログイン画面の下にFacebookアカウントでログインをするボタンが表示されます。

パスワードが分からなくても、このボタンが表示されていればログインができます。

2-2-2.メールアドレス、電話番号を使ってパスワードを再設定する

インスタグラムのログイン画面に、「ログインに関するヘルプ(Android)」もしくは「パスワードを忘れた場合(iOS)」というリンクがあります。このリンク部分をタップして「アカウント検索」の画面に進みます。ここでユーザーネームやメールアドレス、電話番号などご自身のインスタグラムアカウントに関連する情報を入力します。

入力できたら、「次へ」をタップします。
ここでアカウントに関する情報が表示されるので、「メールを送信」「SMSを送信」などのメニューから希望する方法を選択します。

選択した方法により、認証コードが届きます。そこから先は画面の指示に従ってください。

2-3.ユーザーネーム、パスワードの両方が分からない場合

ユーザーネームとパスワードの両方が分からない場合であっても心配は無用です。インスタグラムのアカウントは電話番号と紐づけられているので、その電話番号をユーザーネームの欄に入力し、前項のパスワードが分からない場合の手順を試してみてください。

3.もしかしてアカウント乗っ取り?と思ったら

インスタグラムにログインできない原因がアカウントの乗っ取りかもしれないと思った時の対処法を解説します。

3-1.上記の方法でログインできたらすぐにパスワードを変更

パスワードが変更されてしまい、正規のユーザーあるにもかかわらずログインできない場合は、前章で解説した「パスワードが分からない場合」の手順でログインを試みてください。これでログインできたら直ちにパスワードを変更し、乗っ取り犯を締め出しましょう。

パスワードの変更方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Instagram(インスタグラム)を乗っ取られた時の復旧方法と予防策

インスタグラムなど大手SNSはユーザー数が多く、またそれぞれのユーザーは親しい人などとつながっていることが多いため、乗っ取りによってDMを勝手に送信されてしまうと詐欺など二次的な被害に発展する恐れがあります。それを防ぐ意味でも、この機会に二段階認証を有効にしておきましょう。

インスタグラムで自分のアカウント画面を表示させ、右上の三本線アイコンをタップ→一番下にある「設定」→「セキュリティ」→「二段階認証」の順にタップしていきます。

二段階認証ではいくつかの方法を選ぶことができます。最も手軽なのはSMSを使う方法ですが、それ以外にも希望に応じて便利だと思えるものを選んでください。

3-2.上記の方法でログインできない場合は運営に連絡

上記の方法でログインできない場合は、ユーザーネームなど他のログイン情報まで変更されてしまっている可能性があります。この場合は自分だけで解決できないので、インスタグラムの運営に連絡をします。

下記のインスタグラム公式ページに「Instagramにセキュリティコードまたはサポートをリクエストする」という項目があります。これは不正ログインなどの被害によってログインできなくなった場合の本人確認方法が案内されています。その案内に従って本人確認ができれば、高い確率で乗っ取られたアカウントを取り戻すことができます。

アカウントの不正アクセス(インスタグラム公式ページ)

4.今後ログインできない事態を防ぐために

インスタグラムにログインできない原因の大半は、パスワード忘れによるものです。それを防ぐための方法と、乗っ取り被害に遭いにくいパスワードの作り方を解説します。

4-1.パスワード管理アプリを活用する

ネットサービスを使うとどんどん増えていくパスワードを効率的かつ安全に管理できるパスワード管理アプリというツールがあります。パスワードを覚えるのが面倒だという理由からパスワードを使い回すのはセキュリティ上良くないので、覚えにくいパスワードを効率的に管理するのであれば、こうした専門のツールを使ってみるのも良いと思います。

以下の記事でパスワード管理ツールをご紹介していますので、そちらも参考にしてください。

正しいパスワード生成と管理で不正ログインを防ぐ方法とお役立ちツール7選

4-2.自分特有のパスワード生成ルールを作っておく

使い回すことなくセキュリティ性の高いパスワードを作るには、ちょっとしたコツがあります。ある法則性を自分の中で作り、その法則に沿ってサービスごとに異なるパスワードを使うようにするのは有効性が高いので、ぜひ実践してください。

強いパスワードの作り方や管理方法については、以下の記事に詳しい解説があります。とても簡単な方法なのでできるだけ早く実践されることをおすすめします。

複雑で強いのに忘れにくいパスワードの作り方と、正しい管理法

4-3.ユーザーネームとパスワードをメモしておく

パスワード管理アプリも使いこなせないし、自分のパスワード生成ルールを作るなんて絶対無理!という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方には推奨はできませんが、紙などにメモしておくという最終手段があります。その場合は、ログインIDとパスワードを別々にし、自分以外が開けない引き出しなどに厳重に保管しておきましょう。

5.まとめ

インスタグラムにログインできないという目の前にある問題を今すぐ解決できるよう、段階別に対処法を解説してきました。

インスタグラムのアカウント乗っ取りは悪質なものが多いので、その可能性が疑われる場合の適切な対処法も併せて解説しました。インスタグラムを今後も快適に利用できるよう、困った時にはこの記事の内容を読み返して問題の解決にお役立てください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

ノートンセキュリティは30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?