これで完璧!クラウドサービスの基礎知識と利用ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドサービスの基礎知識

クラウドサービスは、文字通りにクラウド上でサービスを提供するというものです。クラウドサービスの登場によって、利用者側のITの使い方が「所有」から「利用」に大きく変化しました。

たとえば、利用者はソフトウェアを購入する必要がなくなりました。インターネットに接続する環境さえあれば、いつでもどこでも、どんな端末でもソフトウェアを利用できるようになったのです。その仕組みや特長を知ることで、クラウドサービスをより活用できます。今回は、主に企業ユーザーを対象にクラウドサービスについて詳しく説明します。

1.クラウドサービスとは
2.クラウドサービスの種類
2-1.SaaS
2-2.PaaS
2-3.IaaS
3:クラウドサービスのメリット
4:クラウドサービスの注意点
5:最後に

1:クラウドサービスとは

クラウドサービスの「クラウド」とは、インターネットのことを指します。以前、インターネットは「ウェブ(クモの巣)」と呼ばれていました。これは、インターネットを「世界各地に張り巡らされた線」をクモの巣にたとえたものですが、現在ではその線がさらに濃密になったため、世界中を包み込む「雲(クラウド)」と表現されるようになりました。

クラウドサービスは、インターネット側にさまざまな機能が用意されており、それをサービスとして提供されるものです。サービスの提供度合いによって、複数の種類に分けられています。もっとも身近なクラウドサービスは、ソフトウェアをサービスとして提供されるSaaS(サース)でしょう。SaaSは基本的に、ウェブブラウザさえあれば利用できます。

クラウドサービスのイメージ

クラウドサービスのイメージ

ソフトウェアがクラウドで提供されるSaaSのほか、アプリケーションの開発環境などをクラウドで提供するPaaS(パース)、インフラをクラウドで提供するIaaS(アイアース)などがあります。いずれも自分で環境を用意する必要がなく、サービスを申し込むことで安い月額料金ですぐに利用できるので、コストを抑えることができます。また、管理や運用もサービス側が行うので、作業負荷も軽減できることが特長です。

2:クラウドサービスの種類

クラウドサービスの代表的なものとしてSaaSを挙げましたが、ほかにもPaaSやIaaSと呼ばれるものもあります。その違いはクラウドで提供される機能の差で、目的に合わせて使い分ける形になります。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスの種類

2-1:SaaS

SaaS(Software as a Service)は、従来のASP(Application Service Provider)と基本的に同じものといえます。ソフトウェアがクラウド上で動作するため、利用者は自分のパソコンにソフトウェアをインストールすることなく、インターネットを介して利用することができます。

また、ソフトウェアのアップデートといった運用もサービス提供者が行うので、利用者が意識する必要はありません。代表的なSaaSには、salesforce.comやOffice 365などがあります。また、GoogleマップやGoogle Earth、乗り換え案内サービスなどもSaaSといえます。

2-2:PaaS

PaaS(Platform as a Service)は、SaaSによるアプリケーションの開発環境を提供するサービスです。開発環境や実行環境をクラウドで提供するほか、SaaSアプリケーションの課金代行なども含まれます。おもに開発技術者向けのサービスとなっており、スマートフォン向けのアプリ開発や、Webアプリケーションを開発するための環境が多く提供されています。具体的には、Monaca、Cloud9、Eclipse Orion、Google App Engineなどがあります。

開発環境や実行環境は、OSや開発言語、データベースなどをクラウドで提供するIaaSでも構築することができます。しかし、多くのアプリケーションを開発する場合などは、アプリケーションごとに開発環境を構築するのは大変です。PaaSであればOSや開発言語、データベースなどがあらかじめ構築されているので、アプリケーション開発に集中できます。

2-3:IaaS

IaaS(Infrastructure as a Service)は、システムのインフラを提供するサービスです。IaaSでは、サーバーやストレージをはじめ、ファイアウォールやロードバランサーなどのネットワーク機器まで、利用者が仮想的に構築することができます。もちろん、CPUやメモリ、OSなども自由に設定できるため、時間帯やキャンペーンなどアクセス数が急激に増減するWebサイトなどに活用されています。

代表的なIaaSには、Amazon Web Service(AWS)やMicrosoft Azureなどがあります。IaaSでは、仮想化の技術によって実現した部分が大きく、仮想化によって短時間でのサーバーの増強、スケールアップやスケールアウトが行えるようになっています。また、クラウド上に大容量データを保存できるクラウドストレージサービスは、以前はHaaS(Hardware as a Service)と呼ばれていましたが、現在はIaaSとされています。これにはDropboxやGoogleドライブ、Yahoo!ボックス、iCloud Driveなどがあります。

3:クラウドサービスのメリット

クラウドを活用したサービスのメリットは、形態が「所有」から「利用」に変わることです。すべてがサービスとして提供されるため、自分で物理的なサーバーや機器を購入、構築する必要がありません。従来は購入費用や構築の時間、管理・運用の手間などがありましたが、クラウドなら不要になります。

たとえばIaaSの場合、ゲームサイトやキャンペーンサイトなどは、時間帯などによって急激にアクセスが増える場合があります。従来の物理環境(オンプレミス)では、最大のアクセス数に合わせてWebサーバーを構築しないと対応できません。

しかし、それではアクセス数が減少したときは無駄の多いシステムになってしまいます。IaaSなら仮想化されたサーバーなので、容量を大きくしたりサーバーをコピーして増やすことが容易に行えるため、アクセス数の増減に合わせた柔軟なシステムを構築できます。これをスケーラビリティといいます。

IaaSのメリット

IaaSのメリット

また、ソフトウェアやシステム、ハードウェアなどはすべてクラウド側にあるので、利用者はサービスを契約することですぐに使い始められることも大きなメリットです。さらに、ソフトウェアやハードウェアのメンテナンスもクラウド側で管理・運用しているため、常に最新の環境を利用できます。

従来のオンプレミス環境では、設計や検証など導入まで時間がかかる上に、構築したシステムは容易に変更できません。クラウドであれば自由に構成変更が行えますし、初期費用がほとんどかからず月額課金で利用できるなど、予算の面でもメリットがあります。

4:クラウドサービスの注意点

クラウドサービスはインターネット経由で利用するため、当然ながらインターネットが使えない場所では利用できません。このため、すべてのシステムをクラウドサービスに移行するのはリスクの大きいことといえます。SaaSでは最新のファイルを物理環境にバックアップしたり、PaaSやIaaSでは重要なシステムを物理環境にも用意するといった対策が必要です。適材適所でクラウドサービスを利用することを考えましょう。

クラウド活用のポイント

クラウド活用のポイント

また、クラウドサービスはIDとパスワードが第三者に知られてしまうと、本人になりすましてアクセスされてしまいます。アクセス認証の情報が漏れないように工夫するほか、ほかのサービスと共通のものを使わないように注意しましょう。さらに、特にIaaSの場合は障害発生時の補償内容や、サービス提供者と利用者がそれぞれどこまで責任があるのかも確認しておきましょう。

ID・パスワードの注意点

ID・パスワードの注意点

5:最後に

クラウドサービスの登場によって、ITの使い方が大きく変わりました。いつでもどこでも、さまざまな端末から利用でき、システムを柔軟に大きくしたり小さくすることができます。その反面、インターネットがないと利用できないサービスでもあるので、メリットとデメリットを見極めて利用しましょう。

 

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。