iPhoneのバックアップを簡単に実現する目的別の全手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、あなたがiPhoneを購入してから一度もデータをバックアップしていないなら、なにかトラブルが起きたときに取り返しのつかないことになるかもしれません。

以下のようなトラブルが起きたとき、バックアップをあらかじめとっていれば重要なデータを取り戻すことができるからです。

  • 間違ってデータを削除してしまった場合
  • iPhoneの調子が悪くて修理に出したとき
  • iPhoneをどこかに無くしたとき
  • iOSのアップデート中に不具合が発生してデータを破損したとき

また、新しく購入したiPhoneに、使用していたiPhoneのデータを引き継ぐ際にも、あらかじめバックアップをとってあれば安心ですよね。

iPhoneのバックアップは、手元のiPhoneだけでできる「iCloud」を使う方法と、パソコンから「iTunes」を使う方法の、大きく分けて2つの方法があります。この記事では、この2種類のiPhoneバックアップ方法を紹介していき、さらにそのバックアップデータを復元する方法も併せて紹介します。

あなたの大切な人達の連絡先や長年撮り溜めた写真・動画データがなくなってしまうその前に、今すぐバックアップを行ってみませんか。

≪目次≫
パソコンがない、手軽に5GBまでのバックアップがしたい
iCloudでお手軽にバックアップ
iCloudの追加容量購入方法

パソコンを使って、本格的なバックアップがしたい
iTunesを使ったバックアップ方法

iCloudからのデータ復旧方法
iTunesからのデータ復旧方法

携帯キャリアのサービスを利用した簡単なバックアップ方法
ソフトバンク
au
ドコモ

Gmailユーザー向けの連絡先同期方法
Dropboxを利用して写真をネット上に保存する方法

1.【お手軽|PCなしでもOK】iCloudにバックアップ

iCloudとはAppleのストレージサービスで、5GBまでは無料で使えます。初めてiPhoneのバックアップを試みるなら、こちらのiCloudを使ったバックアップを実践してみましょう。通信容量が大きくなるためWi-Fi環境が前提ですが、必要なものはiPhoneだけですし(iTunesを使う方法はパソコンが必要)、何より手順が短いので、とても分かりやすいからです。

手順としては、まずはiCloudバックアップを手動で行ない、その次に自動的にiCloudにバックアップされるように設定するのがよいでしょう。

1-1.手動でバックアップする方法

1.「設定」をタップします。

2..Wi-Fiに接続されているか確認します。(接続されていない場合は、「Wi-Fi」を押す→「Wi-Fi」をオン→ネットワークを選択→パスワードを入力。利用できるWi-Fiがあることが条件です)

3.Apple IDをiPhoneに登録済みの場合は、画面一番上のApple ID情報が表示されている部分をタップして、「iCloud」をタップします。
Apple IDを登録していない場合は、設定画面上にある「iCloud」をタップし、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。(Apple IDを持っていない場合は「Apple IDを新規作成」をタップしてApple IDを取得します)

 

4.「iCloudバックアップ」をタップします。

5.「iCloudバックアップ」をオンにします。

6.「今すぐバックアップを作成」をタップします。

7.終了するまでしばらく待ちます。最後にバックアップした日時である「前回のバックアップ」が今の日時に更新されればバックアップ完了です。

1-2.自動でバックアップする方法

1.「設定」をタップします。

2.画面一番上のApple ID情報が表示されている部分をタップして、「iCloud」をタップします。

3.「iCloudバックアップ」をタップします。

4.「iCloudバックアップ」をオンにします。

●「iCloudバックアップ」がオンの状態で、なおかつ「Wi-Fiに接続されている」「画面がロックされている」「充電中の状態」の3つの条件がすべて満たされていると、毎日自動的にiCloudにバックアップされます。

1-3.iCloudでバックアップできるデータの種類

iCloudにバックアップされるデータは次の通りです。連絡先や写真といった絶対に無くしたくないデータがバックアップされます。

  • 購入した音楽、映画、テレビ番組、アプリ、本
  • iPhoneで撮影した写真とビデオ
  • iPhoneの設定
  • アプリのデータ
  • ホーム画面、フォルダ、アプリの配置
  • メッセージ(iMessage、SMS、MMS)
  • 着信音
  • Apple Watchのバックアップデータ
  • 通話履歴

1-4.iCloudバックアップの問題点

iCloudでバックアップをする際、上手くいかなくて何らかの警告メッセージが表示されることがあるかもしれません。

その中でも特に多いのが「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」というもの。これはバックアップを取ろうとしているiPhoneのデータ容量が、iCloudに保存できる容量を超えてしまっているせいです。対策としては、

  1. iCloudのストレージ(容量)を追加購入する
  2. iCloudにバックアップする容量を減らす

といった2つの方法があります。iCloudに自動的にバックアップをしていると、いずれ直面する状況ですので、覚えておいて損はないでしょう。

1-4-1.iCloudストレージを購入する方法

1.「設定」→「画面一番上のApple ID情報」→「iCloud」→「容量(グラフ部分)」の順にタップします。

2.「さらに容量を購入」か「ストレージプランを変更」をタップします。

3.新しいプランを選択し、右上に表示される「購入する」をタップします。

4.Apple IDのパスワードを入力して終了です。

追加の費用
50GB 月額130円
200GB 月額400円
1TB 月額1300円
2TB 月額2500円

1-4-2.iCloudにバックアップする容量を減らす方法

1.「設定」→「画面一番上のApple ID情報」→「iCloud」→「容量(グラフ部分)」の順にタップします。

2.「ストレージを管理」をタップします。

3.使用しているデバイスをタップします。

4.「バックアップするデータを選択」に並んでいるアプリから、次回バックアップをしないものをオフにして、バックアップ容量を減らします。

2.【ほぼ完璧なバックアップ】iTunesにバックアップ

iTunesとは、Appleが提供しているメディアプレーヤーです。もし、iPhoneで撮影した写真や動画のデータが1GB以上あったり、iTunesバックアップに使用するパソコンを頻繁に使えるのであれば、iTunesを使ったバックアップも試してみてください。

2-1.iTunesによるバックアップ方法

1.iTunesを起動して最新バージョンであることを確認します。

2.Macの場合:画面左上にある「iTunes」をクリックし、「環境設定」をクリックします。Windowsの場合:画面左上にあるアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。

3.「デバイス」をクリックします。

4.「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックし、「OK」をクリックします。 ※このチェックを入れておかないと、iPhoneをパソコンに接続すると同時にiTunesが起動して自動的に同期されてしまい、データが重複してしまう恐れがあります。

5.付属のUSBケーブルでパソコンとiPhoneを接続して、「iPhone」のアイコンをクリックします。

6.「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップがスタートします。「最新のバックアップ」の項目に、バックアップをした時間が上書き表示されていれば成功です。

2-2.iTunesでバックアップできるiPhoneのデータ

iPhoneの設定内容や、写真と動画、連絡先など、ほぼほとんどのデータをバックアップできます。詳しくは下記リンクのAppleサポートをご覧ください。

iOS デバイスのバックアップについて – Apple サポート

2-3.自動的にバックアップ

iPhoneをパソコンに接続したときに、自動的にiTunesでバックアップが作成されるようにすることができます。やり方は簡単で、iTunesの「自動的にバックアップ」の項目の「このコンピュータ」にチェックするだけで、自動でバックアップされるようになります。

ただし、iTunesの自動バックアップを有効にするためには、iPhoneの設定で「iCloudバックアップ」をオフにする必要があります。忘れがちなので注意してください。

2-4.暗号化のメリット・デメリット

「iPhoneのバックアップを暗号化」の項目にチェックを入れることで、バックアップにパスワードを掛けることができます。

暗号化することによって、キーチェーン(メールアカウントのパスワードやWi-Fiのパスワード、一部アプリのパスワードを含む)もバックアップされるのですが、暗号化を設定する際にパスワードを作る必要があり、万が一このパスワードを忘れてしまうと、バックアップデータを復元できなくなってしまいます。

3.【iCloud/iTunes】バックアップを復元するには

3-1.iCloudから復元する方法

1.iPhoneを電源に接続し、Wi-Fi経由でインターネットに接続されていることを確認します。

2.「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順にタップし、iOSの最新バージョンがあればインストールします。

3.「設定」→「iCloud」→「ストレージ」→「ストレージを管理」の順にタップし、iCloudにバックアップがあるか確認します。

4.「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップし、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

5.「iPhoneを消去」をタップします。タップするとiPhoneの中にある全データが消去されてしまうので、必ず手順3でバックアップ情報を確認してください。

6.最初に表示される「設定アシスタント」で、「デバイスの設定」を選び、「iCloudバックアップから復元」をタップします。

7.iCloudにサインインし、「バックアップを選択」を選び、復元したいバックアップデータを選んで完了です。

3-2.iTunesから復元する方法

1.付属のUSBケーブルでパソコンとiPhoneを接続して、「iPhone」のアイコンをクリックします。

2.「バックアップを復元」をクリックします。

3.iPhoneの名前とバックアップデータの日時を確認し、問題なければ「復元」をクリックします。なお、「iPhoneを探す」機能がオンになっていると復元できません。iPhoneの「設定」→「画面一番上のApple ID情報」→「iCloud」→「iPhoneを探す」とタップしていき「オフ」に設定します。

 

3-3.復元が上手くいかないときは…

バックアップから復元したあとに情報が消失してしまっている場合や、復元作業中に警告メッセージが出て中断してしまう場合は、下記Appleのサポートページを確認してください。

iCloud バックアップが完成しない場合や復元できない場合 – Apple サポート
iPhone、iPad、iPod をアップデートまたは復元するときにエラーが表示される場合 – Apple サポート
最新バージョンの iOS が必要な状況で iTunes バックアップまたは iCloud バックアップから復元する – Apple サポート

4.その他のバックアップ方法|使い勝手のよいサービスを探そう

基本的にiCloudかiTunesによる方法で十分なバックアップができますが、それ以外の方法としてアプリやWebサービスを使ったバックアップを紹介します。

4-1.ソフトバンクユーザー向け|あんしんバックアップ

ソフトバンクモバイルが提供する電話帳統合アプリ「スマート電話帳」に、iPhoneの連絡先をバックアップ・リストア(復元)する機能があります。ソフトバンクユーザーが機種変更する際のデータ移行に便利です。

ソフトバンク「あんしんバックアップ」

4-2.auユーザー向け|データお預かり

auが提供している「データお預かり」サービスを利用して連絡先情報をバックアップすることができます。

au「データお預かり

4-3.ドコモユーザー向け|JSバックアップ

クラウドストレージにバックアップデータを保存できるアプリケーションです。バックアップデータの保存先にドコモのクラウドストレージ「データ保管BOX」があるので、ドコモユーザーにおすすめです。

ドコモ スマートフォンからiPhoneへの電話帳データの移行 | iPhone | NTTドコモ
JSバックアップ オフィシャルサイト

4-4.Googleの連絡先を同期する

Googleアカウントで管理している連絡先をiPhoneと同期させることができます。Gmailをメインに使用している人には非常におすすめな方法です。

この方法を使うと、iPhoneを機種変更したり、紛失した場合でも、再度Gmailアカウントでログインするだけで、最新の連絡先が復元されます。

Apple 端末との連絡先の同期 – Gmail ヘルプ

4-5.Dropboxで写真をネット上に保存する

iPhoneで撮影した写真や動画の容量が多すぎて、iCloudにバックアップできない状態になっている人は、「Dropbox」を使ってバックアップするデータを分散させてみるのも一つの手です。無料で2GBの容量までファイルを保存できます。

Dropboxのアカウントを取得した状態でiPhoneアプリのDropboxをインストールし、アプリの設定で「カメラアップロード」をオンにすれば、手動/自動で撮影した写真をDropboxのサーバにアップロードすることができます。

Dropboxアプリ(App Store)

5.まとめ

iPhoneの調子が悪くなったり、壊れたりするタイミングは誰にも分かりません。しかしバックアップさえしておけば、そんな不慮の出来事にも慌てずに対応できるのですから、バックアップを取らないに越したことはありません。

基本的に、iCloudによる自動バックアップで十分間に合いますが、iTunesを使った定期的なバックアップをすれば万全といえるでしょう。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?