LINEアカウントの削除手順と4つの注意すべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEは気軽に人とつながれる利便性がある一方で、その気軽さゆえに連絡先が増えていって煩雑になってしまうことや、本当はつながりたくない人と繋がってしまうなどの問題もあります。

このため、増えすぎた連絡先を整理したい方や、いったんLINEの人間関係をリセットしたいと考えている方もいます。また、迷惑メッセージに対応してしまったことでさらに迷惑メッセージが増えた、LINE IDを掲示板などで公開してしまったなど、LINEアカウントの削除を検討する理由は様々です。

それぞれの理由でLINEアカウントを削除したい方々のために、アカウント削除の際に注意すべきポイントや削除方法の他に、アカウント復元の時に注意したいポイントについても解説します。

目次:

1.LINEアカウント削除の時に注意すべき4つのポイント
・1-1.LINEアプリを削除してもアカウントは残る
・1-2.LINEアカウントにある全てのデータが消える
・1-3.連携アプリが使えなくなる
・1-4.LINEを再インストールしてもデータは復元されない
2.【OS別】LINEアカウントの削除方法
・2-1.【Android版】LINEアカウントの削除方法
・2-2. 【iOS版】LINEアカウントの削除方法
3.LINEアカウントが削除できない時の対処法
・3-1.LINEアカウントが削除できない主な理由
・3-2.削除したいアカウントに登録している電話番号で新規登録する
・3-3.公式サポートに問い合わせる
4.LINEアカウント復元時に注意すべきポイント
・4-1. 「友だち自動追加」や「友だちへの追加を許可」はオフにしておく
・4-2.Facebookの友人を整理しておく
5.まとめ

1.LINEアカウント削除の時に注意すべき4つのポイント

LINEアカウントの削除を検討しているなら、次に挙げる注意すべき4つのポイントを全て承知したうえで削除を行うようにしましょう。

1-1.LINEアプリを削除してもアカウントは残る

LINEアカウントの削除に対するよくある勘違いとして、LINEアプリを削除すればアカウントも削除できると考えている方がいます。しかし、LINEアカウントは正式な削除手順を踏まないと削除できないため、LINEアプリを消してもアカウントが残ったままになり、改めてアカウントを作ろうとして再インストールしてもログインできないなどのトラブルの原因になるので注意が必要です。

1-2.LINEアカウントにある全てのデータが消える

LINEアカウントを削除すると友達やグループリスト、トーク履歴だけでなく、今までに購入したスタンプや着せかえやコインも消えます。したがってLINEを再開した時は、スタンプなどは改めて購入する必要があります。

1-3.連携アプリが使えなくなる

LINEアカウントを削除するとアカウントに紐づいている全てのデータは削除されるため、LINEゲームやLINE Playなどといった連動アプリのデータも削除されます。

このため、LINE Payは予め解約する必要があり、LINEアカウントでログインしていたサービスも使えなくなるので、ログイン方法を前もって変更しておきましょう。

1-4.LINEを再インストールしてもデータは復元されない

LINEアカウントをまっさらな状態で始めたい方にバックアップは必要ありませんが、今までの連絡先やトーク履歴を残しておきたいならバックアップを推奨します。ただし、スタンプや着せかえ、残っているコイン情報などはバックアップをとれないため、LINEを再インストールしても復元されないことにご注意ください。

2.【OS別】LINEアカウントの削除方法

LINEアカウントを削除する際に注意すべきポイントをご確認いただいたところで、LINEアカウントの削除方法をOS別に解説します。ご自分の機種に合わせて、削除方法を参考にしてください。

2-1.【Android版】LINEアカウントの削除方法

手順①
最初にバックアップを取ります。バックアップの必要がない方は、手順④から始めてください。
LINEのホーム画面の右上にある歯車マークを選択して設定画面を開いたら、基本設定にある「トーク」を選択します。

手順②
トーク画面の「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択します。バックアップ先のGoogleアカウントが未設定の場合は「Googleアカウント」を選択し、バックアップ先を設定してください。バックアップ先のGoogleアカウントが設定できたら、画面にある「Googleドライブにバックアップ」を選択するとバックアップが開始されます。


手順③
「前回のバックアップ」の項目にバックアップした時の日付と容量が表示されていれば、バックアップ作業は完了です。

手順④
次にLINEアカウントの削除作業を行います。
LINEのホーム画面の右上にある歯車マークを選択し、設定画面の「アカウント」を選択したら、アカウント画面の一番下にある「アカウント削除」を選択します。

手順⑤
「アカウントを削除」のポップアップが表示されたら「次へ」を選択し、「LINEアカウントを削除しますか?」の画面で保有アイテムや連携アプリ、注意事項を確認してチェックボックスにチェックを入れ、「アカウント削除」を選択します。



以上で、LINEアカウントの削除は完了です。

2-2. 【iOS版】LINEアカウントの削除方法

手順①
最初にバックアップをとっておきます。バックアップが必要ない方は、手順から始めてください。
iOSでLINEのバックアップをとるためには、端末がiCloudに接続されている必要があります。
設定画面の最上部にあるユーザー名を選択して「iCloud」を選択します。

iCloud画面にある「iCloud Drive」を確認し、オフになっていたら選択してオンにします。

手順②
iOSがiCloudに接続されていることを確認出来たら、次はトークルームの写真や動画をLINE Keepやアルバムに保存しておきましょう。

手順③
次に、LINEアプリからトーク履歴のバックアップを行います。LINEアプリのホーム画面にある歯車マークの設定ボタンを開き、設定画面にある「トーク」を選択したら「トークのバックアップ」を選択します。

手順④
「今すぐバックアップ」を選択すると、バックアップが開始されます。
正しくバックアップされていれば、「バックアップ完了」の表示の上にある「前回のバックアップ」に、バックアップをした日時と容量が表示されているはずです。

バックアップの日時と容量が確認できれば、トーク履歴のバックアップは完了です。

手順⑤
次にLINEアカウントの削除作業を行います。
LINEのホーム画面の左上にある歯車マークを選択し、設定画面の「アカウント」を選択したら、アカウント画面の一番下にある「アカウント削除」を選択します。

手順⑥
「アカウント削除」画面を開くと「LINEアカウントを削除しますか?」の画面が表示されるので、保有アイテムや連携アプリ、注意事項を確認してチェックボックスにチェックを入れ、「アカウント削除」を選択します。

以上で、LINEアカウントの削除は完了です。

3.LINEアカウントが削除できない時の対処法

LINEアカウントを削除しようとしても、先に紹介した方法で削除できないケースがあります。このようなトラブルでお困りの方のために、LINEアカウントが削除できない時の対処法を解説していきます。

3-1.LINEアカウントが削除できない主な理由

LINEアカウントが削除できない主な理由として、「LINEアカウント削除の時に注意すべき4つのポイント」で述べたように、LINEアプリをアンインストールしてしまうことでLINEアカウントが残ったままになっていることが挙げられます。

アカウントが残ったままだとアプリを再インストールしてログインしようとしても、既に登録済みの情報であると判断されてしまい、先ほど解説したLINEアカウントの削除方法を実行できなくなってしまいます。

したがって、このようなトラブルが発生している場合は、次に解説する2つの対処法で解決することが可能です。

3-2.削除したいアカウントに登録している電話番号で新規登録する

アカウントが残ってしまってログインできないのなら、そのアカウント情報を上書きすれば解決が可能です。具体的には、別のLINEアカウントを持っている場合は、そのアカウントに削除したいアカウントに登録している電話番号やFacebook IDを紐づける方法があります。

これによって過去のアカウント情報に新しい情報を上書きでき、ログインが可能になるので、その上で改めて上記にあるアカウント削除方法で削除を行いましょう。

もし別のLINEアカウントを持っていなければ、削除したいアカウントに登録している電話番号やFacebook IDで改めて新規登録を行い、その新しいアカウントを正規の削除手順で削除しましょう。

これらの方法を実践する時に、もし削除したいアカウントに電話番号とFacebook IDの2つを登録していたなら、新規アカウントもその2つを登録してからアカウント削除を行うようにしましょう。

3-3.公式サポートに問い合わせる

先に挙げた方法を試してもLINEアカウントを削除できないなら、公式サポートに問い合わせてみましょう。スマホの紛失やLINEアカウントの乗っ取りなどによって、自分でアカウント削除ができない時も同様です。

4.LINEアカウント復元時に注意すべきポイント

LINEアカウントを復元して改めて再開する際に以前の友人に知られたくないなら、次の2つのポイントに注意しましょう。

4-1.「友だち自動追加」や「友だちへの追加を許可」はオフにしておく

「友だち自動追加」がオンになっていると、スマホのアドレス帳に登録されている人がLINEユーザーにいた場合、その人が自動的に友達に登録されてしまいます。また、「友だちへの追加を許可」をオンにしている場合、つながりたくない相手があなたの電話番号をアドレス帳に登録している、かつ「友だち自動追加」をオンにしていると、その相手の友だちとしてあなたのLINEアカウントが自動で友だちリストに追加されてしまいます。

そのため、以前の友人に知られることなくLINEを利用したいなら、次に解説する方法を参考にして「友だち自動追加」や「友だちへの追加を許可」をオフにしておきましょう。

4-1-1.【Android版】「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフにする方法

手順①
LINEホーム画面にある歯車アイコンを選択して設定画面を開いたら、基本設定にある「友だち」を選択します。

手順②
開いた画面の「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」のチェックボックスをはずせば、必要な作業は完了です。

4-1-2.【iOS版】「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフにする方法

手順①
LINEホーム画面にある歯車アイコンを選択して設定画面を開いたら、基本設定にある「友だち」を選択します。

手順②
開いた画面の「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」を選択してオフにすれば、必要な作業は完了です。

4-2.Facebookの友人を整理しておく

Facebook IDとLINEを紐づけた時に、知られたくない相手とFacebookでつながったままだと「知り合いかも?」に表示されるなどして、LINEを使用していることが相手に知られる可能性があります。

それを防ぐためにも、LINEを再開する前にFacebookの友人を整理しておきましょう。

5.まとめ

LINEは簡単に人とつながることができて便利ではありますが、頻繁に会う人やあまり会いたくない人などが混じって煩雑になってしまうデメリットもあります。多くなり過ぎた連絡先を整理することで、改めて自らの人間関係を見直す良い機会にもなると思われます。

それぞれの理由でLINEアカウントの削除を行う際には、本記事でご紹介した注意すべきポイントや削除方法をぜひ役立ててください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

ノートンセキュリティは30日間(最大60日間)無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?