LINEのロック設定でトーク内容とプライバシーを守る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで秘密の話をしたことありますよね?電話するようなことでもないし、手軽だし、ついLINEで長時間やり取りした経験は多くの方があるかと思います。

しかし、LINEは多くの人が使っていて使用法を覚えているからこそ、ロック設定をしっかりしておかないと第三者に秘密の話を盗み見られたり、勝手に操作をされてしまうというリスクがあります。

今回はこのようなLINEにおけるリスクを解消し、より安心して快適に使うためのロック機能について解説します。

目次:

1.LINEアプリを盗み見されたり勝手に操作されたくない方へ
・1-1.LINEアプリのロック機能
・1-2.ロック機能が有効になっていると、どうなる?
・1-3.LINEをロックした時のデメリット
2.LINEのロック機能を有効にする方法
・2-1.パスコードロックの設定手順
・2-2.ロック機能が有効になったLINEの起動方法
・2-3.LINEのロック状態を解除する手順
3.LINEのパスコードを忘れた場合の対処法
・3-1.思いつく限りパスコードを試してみる
・3-2.LINEアプリを再インストールする
・3-3.再インストール時にトーク履歴を残すためにバックアップを取ろう(Android)
・3-4.iPhoneでは生体認証を有効にしておこう
4.まとめ

1.LINEアプリを盗み見されたり勝手に操作されたくない方へ

LINEは友達同士だけでなく企業内でも使われているなど用途は多岐にわたるため、他人に盗み見されてしまうと困る情報も多くあります。

そもそも、トークがどんな些細な内容であれ、他人やトークに参加していない第三者に見られたくないと思うのはごく自然なことです。

LINE利用者のこのような不安を解消するために実装されているのが、ロック機能です。

1-1.LINEアプリのロック機能

スマートフォンの端末自体をロックするパスワードとは別に、LINEにはアプリの起動時にパスワードの入力が必要となるパスコードロック機能が備わっています。

1-2.ロック機能が有効になっていると、どうなる?

LINEにパスコードロックを設定するとアプリの使い方はどう変わるのか、具体例を交えて解説していきます。

1-2-1.トーク内容を読むにはロック解除が必要になる

アプリを起動すると、必ずパスコード入力を求められるようになります。

パスコード入力でロックを解除しない限り、LINEの閲覧や操作は不可能となるので、トークを盗み見られたり勝手に操作をされる心配はなくなります。

1-2-2.ポップアップ通知にもトーク内容が表示されない

パスコードを設定しておくと、メッセージが届いてもポップアップ通知だけが表示されるようになるため、アプリを開くことなくメッセージを盗み見される心配がなくなります。ポップアップ通知をタップするとパスコード入力が求められ、ロックを解除することでトーク内容を確認することができます。

1-2-3.スマホをスリープさせるとLINEアプリは再びロックされる

パスコードロックは端末のスリープと連動しているため、LINEを再び起動させるにはパスコードが必要となります。

そのため、LINEを起動したまま端末を放置していたとしても、自動的にスリープになる設定をしていれば盗み見や勝手に操作される心配は少ないといえます。

1-3.LINEをロックした時のデメリット

LINEアプリを再起動する度にパスコードの入力を求められるので、それが面倒に感じることがあるかもしれません。

また、ポップアップ画面でトーク内容を見ることができなくなることから、メッセージを読むと必ず既読がつくようになります。

しかしこれらのデメリットと、トークの内容を知られたくない人や他人にトークを盗み見されたり勝手に操作されるといったリスクを比較すると、どちらの方がいいと思えるでしょうか?

いちいち面倒だと思うことも、セキュリティ向上のためには仕方ないことだといえるのではないでしょうか。

2.LINEのロック機能を有効にする方法

ここまでで、ロック機能を設定した場合に使い方がどのように変わるのか説明しました。デメリットも含めてロック機能について把握したところで、実際にどのように設定すればいいのかを解説します。

2-1.パスコードロックの設定手順

Android版とiPhone版、それぞれのパスコードロックの設定手順を解説します。当然ですが、設定したパスコードを忘れないようにしなくてはなりません。

2-1-1.Android版LINEの設定手順

手順①
友達画面の右上にある歯車マークをタップし、「設定」メニューに移動します。

手順②
設定メニューにある「プライバシー管理」をタップし、「パスコードロック」にチェックを入れます。

手順③
パスコード入力画面が表示されたら、4桁の数字をパスワードとして設定します。入力し終えたら、再入力画面にてもう一度同じパスワードを入力します。

設定したパスワードは忘れないように、必ず控えておくようにしてください。以上でパスコードの設定が完了します。

2-1-2.iPhone版LINEの設定手順

手順①
友達画面の上部にある歯車マークをタップし、「設定」メニューに移動します。

手順②
設定メニューから「プライバシー管理」メニューに移動し、「パスコードロック」をオンにします。

手順③
パスコード入力画面が表示されるので、パスワードとして4桁の数字を設定します。確認のため再入力画面にて、もう一度同じパスワードを入力します。

設定したパスワードは忘れないように、必ず控えておくようにしてください。これでパスコードの設定が完了します。

【生体認証を設定する方法】
iPhone版のLINEには、生体認証でロックを設定する機能があります。指紋認証のTouch ID、また機種によっては顔認証のFace IDが利用可能です。
すでにTouch IDやFace IDの登録をしていれば、LINEアプリでの設定方法はプライバシー管理メニューにてTouch IDやFace IDをオンにするだけです。
これらの設定をしておけば、パスコードロックを解除する度にパスコードを入力する手間を省くことができます。なお、Touch IDやFace IDの設定方法については、以下の記事に詳しい解説がありますので、そちらをご参照ください。

iPhoneからの情報漏洩や乗っ取りを防ぐロック機能の使い方

2-2.ロック機能が有効になったLINEの起動方法

LINEアプリを起動しようとすると、パスコード入力を求める画面が表示されます。
パスコードを入力してロックが解除されると、LINEが使用できるようになります。

2-3.LINEのロック状態を解除する手順

パスコードによるLINEアプリのロックを解除したい場合は、以下の手順で解除することができます。

手順①
友達画面の右上にある歯車マークをタップし、「設定」メニューに移動します。

手順②
設定メニューにある「プライバシー管理」をタップしてプライバシー管理メニューに移動した後、「パスコードロック」のチェックを外します。

3.LINEのパスコードを忘れた場合の対処法

万が一パスコードを忘れてしまった場合はどうすればいいのか、考えられる対処方法がいくつかあります。

3-1.思いつく限りパスコードを試してみる

ツールやアプリによってはパスワードの入力回数に制限があり、その制限を超えてしまうと一定時間利用できなくなるケースがあります。

しかし、LINEは特に回数制限を設けていないので、何度も入力を試すことができます。

パスコードが分からなくなった場合、理論的には1万通り試すと当てることができることになりますが、この方法は現実的ではないため、思い当たるものを数回試して分からなければ別の方法を試した方が良いでしょう。

3-2.LINEアプリを再インストールする

思いつく限りパスコード入力を試してみてもロックを解除できなかった場合は、一度アンインストールし、再度インストールする方法があります。

しかし、この方法は実行するとトーク履歴が失われてしまうデメリットがあります。

そのため、LINEを起動できなくなるトラブルに備えて、定期的にトーク履歴のバックアップをとることをおすすめします。

3-3.再インストール時にトーク履歴を残すためにバックアップを取ろう(Android)

ここでは、Android版LINEのバックアップ手順として最も手軽であるGoogle Driveを使う方法を解説します。

手順①
古いバージョンでバックアップしたデータが復元できないというトラブルを防ぐために、AndroidとLINEがバージョンアップできる場合は、最新版にアップデートしておいてください。

手順②
友達画面の右上にある歯車マークをタップし、設定メニューの基本設定にある「トーク」を選択します。

手順③
トークメニューの「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択します。

手順④
「トーク履歴をバックアップ・復元」メニューにある「Googleアカウント」を選択し、任意のアカウントを選択し、「OK」をタップします。


新規にアカウントを追加する場合は、「アカウントを追加」を選択します。

手順⑤
バックアップ先のGoogleアカウントが設定されたら、「Googleドライブにバックアップする」を選択し、バックアップを開始します。

手順⑥
バックアップ中が表示された後、「前回のバックアップ」の日付と容量それぞれに表示がされたら、全てのトーク履歴のバックアップが完了となります。

写真や動画などは復元できなくなる可能性があるため、大事な写真や動画はあらかじめ別に保存しておいた方が安心です。

3-4.iPhoneでは生体認証を有効にしておこう

iPhoneはTouch IDやFace IDを有効にしておけばパスコードの入力を省略することができるため、パスコードを忘れてしまうことによってLINEを再インストールする事態は防げる可能性が高いといえます。

このことからも、これらの生体認証を有効にしておくことを推奨します。

4.まとめ

LINEは簡単な操作でロック機能を有効にできることをご紹介しました。

ロック機能を設定することでセキュリティ向上ができるとともに、トークを他人に盗み見される不安や、人間関係のトラブルに発展するリスクを軽減することができます。

まだロック機能を有効にしていない方はこの記事を参考にして、LINEをより安全、快適に使えるようにしましょう。

Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?