ネットワークセキュリティキーとは?また忘れた時の確認方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットワークセキュリティを極める

Windowsでインターネットに接続しようとしたときに、「ネットワークセキュリティキーを入力してください」という警告が表示されて困ったことはありませんか? これは無線LAN(Wi-Fi)に接続するときに表示されるもので、Macの場合は「パスワード」となります。

無線LANに接続するときには、「SSID」(ネットワーク名)と「暗号化キー」が必要になります。このうち、SSIDは無線LANネットワークの名称で、暗号化キーのことを「ネットワークセキュリティキー」や「ネットワークキー」、「ネットワークパスワード」などと呼ばれます。

SSIDやネットワークセキュリティキーは長い文字列のため、覚えておくことは難しく、忘れてしまうと大変です。ここでは、ネットワークセキュリティキーの説明のほか、忘れてしまったときの対処法も説明します。

1.ネットワークセキュリティキーとは?
2.ネットワークセキュリティキーを確認する
2-1.無線LANルーター
2-2.モバイルルーター
2-3.スマートフォン(テザリング)
3.ネットワークセキュリティキーの使い方
3-1.Windowsの場合
3-2.Macの場合
3-3.スマートデバイス
3-3-1.iOSの場合
3-3-2.Androidの場合
3-4.AOSS
4.ネットワークセキュリティキーを忘れたときは
4-1.Windowsの場合
4-2.Macの場合
4-2-1.「キーチェーンアクセス」を開く
4-2-2.「AirMacネットワーク」を探す
4-2-3.パスワードを表示する
5.最後に

1:ネットワークセキュリティキーとは?

無線LANの親機に接続するために必要になるのが「SSID」と「ネットワークセキュリティキー」です。ネットワークセキュリティキーは主にWindowsで使用される言葉で、「ネットワークキー」や「ネットワークパスワード」とも呼ばれます。ネットサービスを利用する際のIDとパスワードのようなものと考えればわかりやすいでしょう。

ネットワークセキュリティキーの入力画面

ネットワークセキュリティキーの入力画面

これは自宅だけでなく、会社内や喫茶店、空港などに設置してある無線LANにおいても同様で、ネットワークセキュリティキーを入力することで無前LANに接続し、インターネットを利用することができます。一般家庭向けの製品では、SSIDとネットワークセキュリティキーの組み合わせが複数用意されている製品が多くなっています。一方、公衆無線LANや企業が来客用などに用意する場合は、1種類のSSIDとネットワークセキュリティキーが提供されることが一般的です。

なお、無線LANの暗号化には「WEP」「WPA」「WPA2」などの種類があります。このうち「WEP」という暗号化方式は脆弱性があるため、使わないようにしましょう。脆弱性を悪用するツールを使うことでパスワードを解析されてしまい、通信を乗っ取られてしまう可能性があります。無線LANを利用する際は、「WPA」「WPA2」を選びましょう。

2:ネットワークセキュリティキーを確認する

無線LANにパソコンを接続する前に、「SSID」と「ネットワークセキュリティキー」を確認しておきましょう。

2-1:無線LANルーター

自宅にある無線LANアクセスポイント(ルーター)に接続するときは、アクセスポイントの本体に記載があります。SSIDとネットワークセキュリティキーの組み合わせが複数用意されているものもあります。

無線LANアクセスポイントの背面や裏面にSSIDなどが記載されている

無線LANアクセスポイントの背面や裏面にSSIDなどが記載されている

喫茶店や空港などで無線LANサービスが提供されている場合は、回線事業者や携帯電話キャリアが提供しているサービスであるか、お店などが単独で提供しているサービスであるかを確認しましょう。なお、ネットワークセキュリティキーが不要で、SSIDのみで利用できる無料の無線LANサービスもありますが、セキュリティ上安全とは言い切れないので、利用する際には注意が必要です。

回線事業者系のサービスには、NTT系の「ホットスポット」やソフトバンク系の「BBモバイルポイント」、ヤフーの「Yahoo!無線LANスポット」などがあります。これらはあらかじめ契約が必要で、契約により提供されたIDとパスワードを使ってウェブブラウザ経由で接続します。

回線事業者やキャリアの無線LANサービスは、安く利用できるものが多い

回線事業者やキャリアの無線LANサービスは、安く利用できるものが多い

キャリアのサービスには、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」、auの「au Wi-Fi SPOT」、ソフトバンクの「ソフトバンクWi-Fiスポット」などがあります。ただし、これらは料金や対象機器などの異なる複数のサービスがあるため、あらかじめ内容を確認しておきましょう。

2-2:モバイルルーター

モバイルルーターは、3Gや4Gといった携帯電話回線を使ってインターネットに接続するための機器です。モバイルルーターには無線LANで接続できるので、無線LANのない場所でも無線LAN経由でインターネットを利用できます。SSIDとネットワークセキュリティキーは、モバイルルーターの本体に記載されています。

モバイルルーターの場合は、バッテリーを外さないとSSIDを確認できないものも

モバイルルーターの場合は、バッテリーを外さないとSSIDを確認できないものも

2-3:スマートフォン(テザリング)

スマートフォンによっては、モバイルルーターの機能を搭載した機種があり、この場合は「テザリング」という機能で呼ばれます。テザリングは設定画面から有効にしますが、その際にネットワークセキュリティキーを自分で設定します。なお、テザリングを使用すると膨大なパケット通信が発生する可能性があるので、パケット通信の上限を超えてしまわないよう注意が必要です。

テザリングの場合はSSIDなどを自分で設定する

テザリングの場合はSSIDなどを自分で設定する

3:ネットワークセキュリティキーの使い方

無線LAN機能を搭載するパソコンやスマートデバイスであれば、受信可能な無線LANを検出し、一覧表示します。その中から該当するSSIDを持つ無線LANにアクセスし、ネットワークセキュリティキーを入力することで利用できるようになります。あらかじめパソコンの無線LAN機能を有効にしておきましょう。

3-1:Windowsの場合

タスクバーにある「ネットワーク」のアイコンをクリックすると、周辺にある無線LANアクセスポイントの一覧が表示されます。この中から使用する無線LANのSSIDをクリックし、ネットワークセキュリティキーを入力します。

タスクバーの「ネットワーク」アイコンをクリックするとSSIDが一覧表示される

タスクバーの「ネットワーク」アイコンをクリックするとSSIDが一覧表示される

ネットワークセキュリティキーを入力する

ネットワークセキュリティキーを入力する

3-2:Macの場合

「アップル」メニューから「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」で設定します。Macの場合は「Wi-Fi」、SSIDは「ネットワーク名」、ネットワークセキュリティキーは「パスワード」と表示されます。

システム環境設定から「ネットワーク」をクリックする

システム環境設定から「ネットワーク」をクリックする

 

「Wi-Fi」をクリックするとSSIDの一覧が表示される

「Wi-Fi」をクリックするとSSIDの一覧が表示される

 

使用するSSIDをクリックし、パスワードを入力する

使用するSSIDをクリックし、パスワードを入力する

3-3:スマートデバイス

iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットなどのスマートデバイスの場合も、ネットワーク設定から無線LAN設定を行います。

3-3-1:iOSの場合

「設定」アイコンをタップして「Wi-Fi」をタップする

「設定」アイコンをタップして「Wi-Fi」をタップする

 

SSIDの一覧が表示されるので、使用するSSIDをタップする

SSIDの一覧が表示されるので、使用するSSIDをタップする

 

パスワードを入力する

パスワードを入力する

3-3-2:Androidの場合

「設定」アイコンをタップして「Wi-Fi」をタップする

「設定」アイコンをタップして「Wi-Fi」をタップする

 

SSIDの一覧が表示されるので、使用するSSIDをタップする

SSIDの一覧が表示されるので、使用するSSIDをタップする

 

パスワードを入力する

パスワードを入力する

3-4:AOSS

「AOSS(AirStation One-Touch Secure System)」とは、無線LANアクセスポイントと対応機器を簡単に接続できる機能で、バッファロー社が開発したものです。無線LANアクセスポイントと接続する機器の双方がAOSSに対応していれば、お互いのボタンを押すだけで接続設定が完了します。対応機器には、家庭用ゲーム機器やプリンターなど多彩にあります。

4:ネットワークセキュリティキーを忘れたときは

ネットワークセキュリティキーは、安全のために長い文字数が設定されています。たとえ忘れても、無線LANアクセスポイントなどに記載されているので確認できます。しかし、SSIDとネットワークセキュリティキーはユーザーが変更できるため、変更した内容を忘れてしまうと大変です。でも、心配は無用です。WindowsでもMacでも、またスマートデバイスでも、一度入力したネットワークセキュリティキーを確認することができます。

4-1:Windowsの場合

Windowsの場合は、コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開き、左側にある「ワイヤレスネットワークの管理」をクリックします。すると無線LANアクセスポイントの一覧が表示されるので、目的のSSIDを右クリックし、「プロパティ」を選びます。「セキュリティ」タブをクリックし、「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると、パスワードが表示されます

コントロールパネルから「ワイヤレスネットワークの管理」を開く

コントロールパネルから「ワイヤレスネットワークの管理」を開く

目的のSSIDを右クリックし、「プロパティ」を選ぶ

目的のSSIDを右クリックし、「プロパティ」を選ぶ

「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると、パスワードが表示される

「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると、パスワードが表示される

4-2:Macの場合

4-2-1.「キーチェーンアクセス」を開く

Macでは、IDとパスワードの組み合わせを「キーチェーン」で管理しています。「アプリケーション」→「ユーティリティ」と開き、「キーチェーンアクセス」をダブルクリックします。

「アプリケーション」から「ユーティリティ」を開く

「アプリケーション」から「ユーティリティ」を開く

「ユーティリティ」から「キーチェーンアクセス」をダブルクリックする

「ユーティリティ」から「キーチェーンアクセス」をダブルクリックする

4-2-2.「AirMacネットワーク」を探す

「キーチェーンアクセス」の画面で左下にある「分類」から「パスワード」をクリックし、一覧の「種類」から「AirMacネットワーク」を探します。複数ある場合には「名前」からSSIDが一致するものを選びます。

「分類」から「パスワード」をクリックし、一覧の「種類」から「AirMacネットワーク」を探す

「分類」から「パスワード」をクリックし、一覧の「種類」から「AirMacネットワーク」を探す

4-2-3.パスワードを表示する

SSIDの名前をダブルクリックすると、ダイアログが表示されます。この画面で「パスワードを表示」にチェックを入れると、パスワードの文字列が表示されます。

「パスワードを表示」にチェックを入れると、パスワードの文字列が表示される

「パスワードを表示」にチェックを入れると、パスワードの文字列が表示される

5:最後に

ネットワークセキュリティキーは、無線LANでインターネットに接続するために必要な大切なものです。しっかりと管理をして、忘れないように工夫しましょう。たとえば、最初にネットワークセキュリティキーを入力するときに入力内容を表示するように設定しておき、画面キャプチャなどを撮っておくといった方法があります。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。