不当な料金請求は断固無視!ワンクリック請求の対処法と実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ocse

いきなりワンクリック請求を受け、不安に思ってこのページへたどりついた方も多いのではないでしょうか? しかし安心してください。それは詐欺である可能性が極めて高いパターンはすでに判明しているため、あわてて料金の支払いに応じる必要はありません。

ここではワンクリック請求の典型的なパターンを挙げていきますので、まずはそれに該当するかどうか確認してみましょう。そしてワンクリック請求だと分かった場合は事実を冷静に受け止め、落ち着いて次に紹介する対処法を実践してください。また、今後二度とワンクリック請求の被害に遭わないようにするためにも、その実態をしっかりと把握したうえで万全の対策を講じましょう。

1.該当すれば詐欺の可能性大! ワンクリック請求の典型的なパターン

パソコンであれスマートフォンであれ、ワンクリック請求のパターンはお約束のように大体決まっています。以下に挙げる5つの項目のうち1つでも該当すれば、ワンクリック請求と思って間違いないでしょう。

1-1.クリックしただけで一方的に会員登録&料金請求される

Webサイト上にある認証ボタン(「はい」「入場する」「入口」「ENTER」など)や画像をクリックしただけでいきなり会員登録が完了し、利用料金を請求されるケースは典型的なワンクリック請求=詐欺です。

ocse01

1-2.料金請求画面が何度も表示されて消せない

ワンクリック請求では請求画面が繰り返し表示されたり、閉じても再び表示されたりすることがあります。合法的なサイトを閲覧し、このような状態になることはまずあり得ません。
ocse02

1-3.画面に登録情報や端末情報が表示される

画面に端末情報やIPアドレスなどを表示させ、あたかも個人情報を取得したかのように装い、ユーザーを混乱させようとするケースが目立ちます。これもワンクリック請求の常套手段となっています。

ocse03

1-4.請求金額は数万円で支払期日が短い

ワンクリック請求の金額は数万円程度と、ユーザーが泣き寝入りしやすい金額であることが多いです。またユーザーに考える時間を与えないようにするため、支払い期日が3日程度と短く設定されているのも特徴です。

ocse04

1-5.脅し文句や不安を煽る文言が散りばめられている

「自宅や会社へ回収に行く」「個人情報を調査する」「法的な処置を取る」「支払い期日を過ぎると損害金が発生する」といった文言でユーザーの不安を煽るのもワンクリック請求の王道パターンです。

ocse05

2.ワンクリック請求に遭遇した時の対処法

では実際にワンクリック請求を受けた場合はどうすればいいのか。以下に対処法をまとめたので参考にしてください。

2-1.断固として無視する

ワンクリック請求が来ても慌てる必要はありません。料金の請求には一切応じず、とにかくそのまま無視することが最善の対処法になります。というのも、ワンクリック請求は電子消費者契約法や特定商取引法などに抵触しており、ワンクリックでは契約が成立しない=料金の支払い義務はないからです。双方の同意のない契約はそもそも無効ですので、間違っても料金を支払ってはいけません。当然ながら、ワンクリック詐欺サイトへの連絡も不要です。

2-2.できるだけ被害記録を残しておく

ワンクリック請求があった場合は、どういう経緯でそうなってしまったのかを覚えておきましょう。また、そのサイトの名前やURL、利用規約、請求画面などをデータで保存しておくといいでしょう。それが後々トラブルに巻き込まれた時の重要な資料となります。

2-3.国民生活センターや警察に相談する

ワンクリック請求を受けた場合は基本的に無視すれば問題ないのですが,それでも不安な時や、自分ではどうしたらいいか判断できない時には国民生活センターや警察などに相談しましょう。また、お金を支払ってしまった場合はたとえ少額であっても必ず警察に被害届を出してください。

netsagi09

こちらは都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧。電話だけでなくメールでも相談できるので、有効に活用しましょう。

3.ワンクリック請求の狙いと特徴

ここからはワンクリック請求の実態について説明します。今後、同様のトラブルに巻き込まれないようにするためにも、しっかりと頭に入れておいてください。

3-1.ワンクリック請求の目的は2つ

3-1-1.お金を騙し取ること

最大の目的はユーザーからお金を騙し取ることです。当然、ワンクリック詐欺サイト自体にまともなサービス提供は無く、会員の入退会という概念もありません。ただお金を騙し取るために存在しています。ワンクリック請求は、騙されてお金を払ってしまうユーザーが存在する限り無くならない詐欺と言えます。

3-1-2.個人情報を引き出すこと

お金だけでなく個人情報の収集も目的の1つです。不安になって確認メールを送ったり電話をかけたりしてしまえば、それこそ相手の思う壺で、個人を特定できる情報が流出してしまいます。一度相手に情報が知れてしまうと執拗な督促を行ってくる可能性もありますので注意が必要です。さらに流出した個人情報が悪徳業者間でリスト化されると厄介で、新たに詐欺の標的とされるなどの二次被害に拡大する恐れもあります。こちらからは絶対に連絡を取らないようにしください。

3-2.誰もが標的に! 最近のワンクリック請求の特徴

3-2-1.手口が巧妙化・悪質化している

ワンクリック請求は、サイト上で画像などをクリックして次へ次へと進んで行ったユーザーに対し、自動的に有料会員登録させたように見せかけ不当な料金を請求するのが一般的ですが、近年、手口が巧妙化・悪質化しており、被害対象も拡大しています。

最近では「ワンクリックウェア」と呼ばれるアドウェアの悪用が目立ちます。ワンクリックウェアは料金請求を行うための画面を表示させる危険なソフトウェアで、パソコンなどに常駐して定期的に料金表示を要求する画面を表示します。基本的にはワンクリックウェアの駆除ツールを使えば解決します。また、料金を支払っても表示が解除される保証はありません。

3-2-2.スマートフォンやタブレットにおける被害が急増

これまでワンクリック請求の標的はパソコンでしたが、最近ではスマートフォンやタブレットでの被害が増加傾向にあります。パソコン同様に手口は様々で、メールやSNSに記載してあるURLから詐欺サイトへ誘導したり、公式マーケットで公開中のアプリから詐欺サイトに誘導したりするパターンがあります。また、検索サイトの結果から詐欺サイトへ誘導する手口も存在します。検索結果の表示順位は安全なサイトの順位ではないので油断は禁物です。スマートフォンやタブレットにもパソコンと同じ脅威があることを再認識しておきましょう。

ocse06

4.ワンクリック請求を未然に防ぐ3つのポイント

以下に紹介する予防対策を徹底することによって、ワンクリック請求の被害を限りなくゼロに近づけることができます。何よりも大切なのは、「インターネット上においしい話は落ちていない」と肝に銘じ、クリックする前によく確認することです。

4-1.怪しいサイトには近寄らず、不用意なクリックを避ける

ワンクリック請求を受けないようにするには、怪しげなWebサイトにはアクセスせず、発信元のはっきりしないメールは開かないのが鉄則です。また、メールやSNSなどに記載されているURLや画像、Web広告などは詐欺サイトへの入り口になっているケースがあるので、安易にクリックしてはいけません。

4-2.サービスを利用する際は利用規約を必ず良く読む

サービスを利用する場合には必ず利用規約を確認することが重要です。サイト上に年齢確認や利用規約の同意を求める「はい」「いいえ」というボタンがあっても、すぐにクリックしてはいけません。まずは利用規約を確認しましょう。利用規約内に料金が明示されていれば、それは有料サイトだということです。契約する意思がないのであれば、「はい」ボタンを絶対にクリックしてはいけません。それ以上進まずにページを閉じてください。

4-3.最新のセキュリティソフトを導入する

パソコンやスマートフォンなどインターネットにアクセスできる機器には必ずセキュリティソフトを導入してください。それを最新の状態に保っておくことで、悪意のあるプログラムの実行や、アダルトサイトや出会い系サイトに多く見られる危険性の高いサイトの閲覧をブロックできます。ちなみに、提供元不明の信頼できないソフトやアプリは絶対にダウンロードしないでください。たとえ公式アプリでも、インストールの際に不自然なアクセス許可を求めてくるものは避けましょう。

5.まとめ

ボタンや画像をクリックしただけでいきなり料金を請求されるケースは、ほぼ間違いなくワンクリック請求です。もしもワンクリック請求を受けた場合は、とにかく無視を貫きましょう。たったそれだけで問題は解決します。間違っても料金を支払わないようにしてくだい。

ただし油断は禁物です。本記事で紹介したワンクリック請求の手口や特徴はあくまでも一例にすぎません。詐欺師たちは常にあの手この手を尽くしてユーザーを騙そうと企んでいます。そんな魔の手から身を守るためにも、日頃からセキュリティ意識を高く持ち、傾向と対策を把握しておくことが大切です。

 

ワンクリック詐欺の被害減少にご協力ください

ワンクリック詐欺サイトを見つけましたら、ノートン フォーラム内ワンクリック詐欺サイト報告スレッドまで報告いただければ幸いです。
ご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。