PCがウイルス感染?不安解消手順と二度と感染しない予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCがウイルスに感染したのではないかと不安に思い、その症状や挙動、対処法をお調べではないですか?

まずは、こうなっていたら怪しいという代表的な症状をまとめますので、思い当たるならウイルスの検知と駆除を行いましょう。最も効果的かつ安全なのは、有料版セキュリティソフトの体験版をインストールし、検査と駆除を行うことです。

また、今後ウイルスに感染しない対策としては、やはり総合的なセキュリティソフトの導入が有効となります。あわせて、ウイルスの侵入経路やその対策もまとめます。セキュリティソフトと一緒に、日頃からウイルスをシャットアウトする習慣をつけましょう。

1.まずはこれをチェック!PCがウイルスに感染したときの代表的な症状

ウイルスは「情報を盗む」「詐欺を働く」「PCを壊す」「他のPCを攻撃する」など、さまざまな悪事を働きます。そして、そうした活動によりPCに負荷がかかったり、非感染時とは異なる症状が現れることもありますが、ユーザーが気づけないケースが最近では増えています。

直接目に見えて分かりやすい症状から、潜伏して分かりづらい症状まで、さまざまなものがあります。ここではタイプ別に代表的な症状を整理してみます。

1-1.外見上あからさまな症状

持ち主のPC操作とは関係のない挙動が起こっている場合は、ウイルス感染の可能性があります。これらは目に見えるため、早期発見しやすいと言えます。

≪主な症状≫

  • 勝手に再起動する
  • 偽のセキュリティツールが起動する
  • 意図していない複数の画面が立ち上がる
  • Webブラウザに、覚えのないツールバーやお気に入りが追加される
  • Webブラウザで、まったく無関係のサイトが表示される
  • デスクトップ上に見知らぬファイルやフォルダが現れる

virus01

上の画像はSystem Care Antivirusという偽のセキュリティソフトです。パソコンに入り込んでしまうと偽のセキュリティ警告を乱発し、ユーザーを無意味な課金に誘導します。

1-2.違和感を覚えるかもしれない症状

PCの何かがおかしくて、これってウイルスのせい? と、疑うこともあるでしょう。ここではウイルスが隠れながらにして引き起こす可能性がある症状をまとめます。ただし、最近ではPCのスペックや回線が高速化したこともあり、ユーザーが異変に気づけないことのほうがずっと多いことも覚えておきましょう。

≪PC上で起こる主な症状≫

  • PCやWebブラウザの動作が遅く(重く)なる
  • 回線速度が遅くなる
  • セキュリティソフトが機能しなくなる
  • アプリケーションが起動しない
  • タスクマネージャのCPU使用率が不自然に上下する

2.有料セキュリティソフトでPCを総合的に守る!

ウイルスの侵入の確認や阻止、入り込んだウイルスの駆除を徹底的に行うなら、機能が揃った有料セキュリティソフトの無料体験版を導入することがもっとも効果的です。有料ソフトでは、ファイアウォールをはじめ、ヒューリスティックやレピュテーションによる検知など複数のセキュリティ技術を組み合わせることで、いろいろな角度からウイルスを発見します。

また有料ソフトはサポートが充実しているため、トラブル発生時に相談することができます。総合的にセキュリティ対策を考えるなら、有料ソフトの導入がオススメです。まずは体験版を試してみましょう。
ノートン セキュリティ(無料体験版:30日間)
マカフィー インターネットセキュリティ(無料体験版:30日間)
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ(無料体験版:30日間)
ウイルスバスター クラウド(無料体験版:30日間)

3.無料セキュリティソフト導入でウイルス感染をお手軽に防止

ほどほどのウイルスの検出・駆除だけなら、無料のセキュリティソフトでも一定の効果が見込めます。そのため、なにもソフトを入れていないなら、ひとまずこれらを導入する手があります。

ただし、無料のセキュリティソフトは、ウイルスの検出や削除のみしか行ってくれないものが多く、基本的にメーカーのサポートを受けることができません(KINGSOFT除く)。トラブル発生時に自力で解決する自信がなければ、サポート体制がしっかりしている有料セキュリティソフトの導入を検討してください。
avast!
Avira
AVG
KINGSOFT

4.ウイルスの感染経路と、シャットアウトするための方策

セキュリティソフトには強力な防御効果がありますが、万能ではありません。ウイルスがどのように侵入するかを正しく理解し、感染を未然に行動をとることもまた重要なのです。

4-1.ウイルスの感染経路

ウイルスはPCの内部から発生するものではなく、外部から侵入してくるものです。主にインターネット通じて、あるいは外部メディアが、その侵入経路となります。

4-1-1.インターネットを介した感染

  • メール:最もウイルスを運ぶ存在であるのがメールです。添付ファイルにウイルスが仕込まれていたり、記述されたURLにアクセスするとウイルスに感染するという悪意ある仕掛けが施されています。
  • 実行ファイル、圧縮ファイル:「.exe」の拡張子が付いた実行ファイル、「.zip」の拡張子が付いた圧縮ファイルのダウンロードには注意が必要です。特に無料で配布されているものには警戒すべきで、安易に実行したり、解凍してはいけません。
  • 偽造、改ざんされたWEBサイト:正規のサービス本物そっくりに作られたWEBサイトにウイルスが仕込まれているケースがあります。あるいは、正規のサイトにウイルスが仕込まれ、アクセスしたユーザーがウイルス感染する事例も確認されています。
  • ワームの侵入:ネットワークを経由して、ワームと呼ばれる自己増殖するマルウェアが侵入する可能性があります。

4-1-2.外部メディア、デバイスを通じた感染

pc-virus08

USBメモリを代表とする外部メディア、デバイスは、「PCから外部へ」「外部からPCへ」とウイルスを運ぶ可能性があります。

≪ウイルス感染に気を付けるべき外部メディア、デバイス≫

  • USBメモリ
  • CD・DVD
  • カードリーダー
  • ハードディスク
  • プリンター
  • デジカメ
  • iPod等の音楽再生プレイヤー
  • スマートフォン

4-2.ウイルス侵入の防止策

4-2-1.怪しいメールやサイトに注意する

怪しいメールやサイトは、「開かない」「URLをクリックしない」「ダウンロードしない」など、警戒して接するべきです。

4-2-2.ソフトウェアやOSを更新する

ウイルスの中には、ソフトウェアの脆弱性をついて侵入するというものがあります。利用するソフトウェアは、常に最新版に更新するのがベストです。OSに関しても、同じことがいえます。

4-2-3.外部メディアの自動実行をオフに設定する

他人から渡されたメディアをPCに接続するときに、コマンドが自動実行されてウイルス感染してしまうことがあります。これを防ぐためにはデバイスが「自動再生」されないように、PC側を設定する必要があります。

≪Windowsでの設定方法(写真はWin7)≫
コントロールパネルを開き、「ハードウェアとサウンド」>「自動再生」の順にクリックし、「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックをはずします。そして「保存」すれば、自動再生されないように設定されます。

pc-virus07

5.まとめ

本来、PCをウイルスから守るためには、セキュリティソフトを導入しておくべきですが、そうしていない人が多くいるのも事実です。ここで最初に取り上げた感染の症状に覚えがあったら、まずは機能の揃っている有料セキュリティソフトの無料体験版でウイルスの検知と駆除を行いましょう。そして、今後の感染を防ぐためにもいずれかのセキュリティソフトを導入し、ウイルスをシャットアウトする行動を習慣付けましょう。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。