紛失したスマホを探す方法と、紛失時すぐ探すための設定手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お使いのスマホを紛失もしくは盗難の被害にあってしまい、今すぐ探す方法をお探しですか?

もしくは、スマホを紛失してしまった時に備えて、いつでも探すことができるようにしておきたいとお考えですか?

現代人にとってスマホは重要なインフラであり、ひとたび紛失したり盗難に遭ってしまって手元からなくなってしまうと不便であるだけでなく、連絡がつかないことで本人だけでなく周囲の人たちも不安やストレスを感じてしまいます。

そこでこの記事では、スマホを探す方法と設定について緊急度別に、

  • 今すぐスマホを探す方法
  • スマホを探す以外に遠隔操作でスマホを守る機能
  • スマホを紛失した時に探せるように設定しておく方法
  • セキュリティソフトを使ってスマホを探す方法

という情報を順に解説していきます。

スマホを紛失してお困りの方は、まず第1章の今すぐ探す方法に進んでください。

目次:

1.紛失したスマホを今すぐ探す方法
・1-1.紛失したスマホは探すことができる
・1-2.紛失したスマホを今すぐ探す方法 Android編
・1-3.紛失したスマホを今すぐ探す方法 iPhone編
2.スマホを探す以外にも用意されているセキュリティ機能
・2-1.Android編
・2-2.iPhone編
3.スマホを探す機能を使えるように設定しておこう
・3-1.Android編
・3-2.iPhone編
4.セキュリティソフトでスマホを探すこともできる
・4-1.セキュリティ機能のスマホ向けセキュリティ機能
・4-2.ノートンでスマホを探す方法
5.まとめ

1.紛失したスマホを今すぐ探す方法

AndroidとiOSのそれぞれで、紛失したスマホを今すぐ探す方法を解説します。

1-1.紛失したスマホは探すことができる

Androidおよび、iPhoneやiPad向けに提供されているiOSの両方には、紛失したスマホを位置情報から探す機能があります。現在スマホを紛失してお困りの方は、まず以下の方法で探してみてください。

1-2.紛失したスマホを今すぐ探す方法 Android編

Androidスマホをお使いの方は、スマホを設定する際にGoogleアカウントを取得しているはずです。そのGoogleアカウントからスマホを探すことができるので、まずは以下のURLにアクセスしてください。

スマートフォンを探す

すでにGoogleアカウントにログインした状態であれば、以下の画面が表示されます。Googleアカウントにログインしていない場合は、Gmailのメールアドレスと設定したパスワードを入力して以下の画面を表示させてください。

次に、登録されている端末をクリックします。ここでGoogleアカウントへのログインを求められたら、Gmailのメールアドレスとパスワードを入力してください。

ログインが完了すると、以下の画面になります。ここで「端末を探す」をクリックします。

Androidスマホの位置情報を頼りに、Googleマップ上にスマホの位置が表示されます。

この時、実験に用いたAndroidスマホがある位置を正確に示していました。この方法で、かなり正確にスマホを探すことができます。

1-3.紛失したスマホを今すぐ探す方法 iPhone編

紛失したiPhoneを探すには、iCloudへサインインすることから始めます。URLはこちらです。

iCloudへサインイン

サインインをしたら、以下の項目の中から「iPhoneを探す」というアイコンを探して、選択します。

次の画面が地図の表示になったら、上部にある「すべてのデバイス」をクリックします。この地図表示になる前にログインを求められたら、パスワードを入力してこの画面に進んでください。

この場合はiPhoneとMacBookが同じアカウントに登録されているので、両方のデバイスを探し出すことができました。

iOSデバイスを紛失してお困りの方は、この方法で探してみてください。

2.スマホを探す以外にも用意されているセキュリティ機能

前章ではスマホを今すぐ探すための方法を解説しました。位置情報でスマホを探す他に、遠隔操作でスマホを守ることができる機能があります。これらの機能について、AndroidとiOSの両方で解説していきます。

2-1.Android編

Androidスマホを遠隔操作で守るための機能をご紹介します。

2-1-1.遠隔操作でスマホをロックする

紛失・盗難によって手元にないスマホを何者かに操作されないよう、遠隔操作でロックすることができます。
スマートフォンを探す」の画面から端末名をクリックして次に進みます。

次の画面に「スマートフォンのロック」という項目があるので、そこをクリックします。

次の画面では、画面ロックのパスワードと発見者向けのメッセージ、発見した人に連絡してもらう電話番号を入力することができます。

これらの入力を終えたら、「ロック」ボタンをクリックします。

遠隔ロックが発動すると、対象のスマホは以下の画面になり勝手に操作ができなくなります。

スマホの位置を特定する前に、まずは遠隔ロックをして勝手に操作されないようにしておくのもセキュリティ上有効です。

2-1-2.着信音を鳴らす

Androidスマホの着信音を遠隔操作で鳴らすこともできます。「スマートフォンを探す」の画面から、「着信音を鳴らす」とクリックします。

このページの解説にもあるように、スマホ側で着信音を鳴らないように設定していても強制的に鳴らすことができるので、まだ紛失したスマホの存在に誰も気づいていない場合は、遠隔操作で気づくよう促すことができます。

2-1-3.端末のデータを消去する

紛失したスマホを取り戻すことが難しいと判断した場合には、スマホの中にある全データを消去して情報の漏洩を防ぐという最終手段もあります。

スマートフォンを探す」の画面から端末名をクリックして次に進みます。

次の画面の一番下に「端末データの消去」という項目があるので、これをクリックします。

最終確認の画面に遷移します。注意書きを読んで、問題なければ「はい、消去します」をクリックします。
これで、遠隔操作によってAndroidスマホの全データが消去されます。

2-2.iPhone編

iOSの機能により、遠隔操作でiPhoneを守る各機能について解説します。

2-2-1.紛失モード

iOSには、遠隔操作でスマホ端末を守る紛失モードがあります。遠隔操作でロックをした上でiPhoneにメッセージや電話番号を表示し、連絡を促すことができます。

紛失モードを使用するには、iCloudにサインインをして、次の画面で、「iPhoneを探す」を選択します。

次に、位置が表示されているiPhoneをクリックしてメニューを表示させます。このメニューの中に「紛失モード」があるので、これをクリックします。紛失モードを選択すると、以下の画面になります。

パスコードの入力がまだの場合は、ここで入力を求められます。iPhoneに設定しているパスコードを入力してください。すでに入力済みの場合は、次に進みます。

連絡先の電話番号、iPhoneの画面に表示させたいメッセージを順に入力すると、紛失モードに移行します。
紛失モードになっていることは、こちらの表示で確認することができます。

紛失モードになると、iPhoneの画面は以下のような表示になります。

なお、紛失モードを停止するにはiCloudの画面上から「紛失モードを停止」をクリックします。

2-2-2.サウンドを再生

遠隔操作でiPhoneの音を鳴らすには、iCloudの「iPhoneを探す」から音を鳴らしたい端末をクリックします。
次に、「サウンド再生」をクリックします。

遠隔操作によって強制的にサウンドが再生され、iPhoneの画面は以下のような表示になります。

ロックを解除した上でメッセージの「OK」をタップすると、音を止めることができます。

2-2-3.iPhoneを消去

紛失したiPhoneを取り戻せる可能性が低い場合、最終手段としてiPhoneの中にある全データを消去することができます。iCloudの「iPhoneを探す」からデータを消去したい端末をクリック、メニューから「iPhoneを消去」をクリックします。

確認画面が表示されるので、ここでも「消去」をクリックします。

この次にiCloudのパスワード入力、セキュリティ質問への回答、iPhoneを発見した人向けの連絡先電話番号、メッセージの入力が順に続きます。

これらの項目を入力して「完了」をクリックするとiPhoneのデータは消去され、先ほど入力したメッセージと電話番号が表示された状態になります。

3.スマホを探す機能を使えるように設定しておこう

ここまで解説してきたスマホを探す方法はいずれも、事前にスマホを探す機能が有効になっていたからこそできたことです。万が一の事態に備えて、スマホを探したり遠隔操作できるように設定しておきましょう。

3-1.Android編

設定アプリから「セキュリティと画面ロック」もしくは「セキュリティと現在地情報」をタップ、その中にある「端末を探す」をタップします。

ここで「端末を探す」のスイッチをONにします。

これでスマホを探す機能が有効になっているかどうかは、「端末を探す」画面にアクセスして確認することができます。ここでお使いのAndroidスマホを置いている位置が表示されればOKです。

3-2.iPhone編

設定からApple ID、iCloudの順にタップして、「iPhoneを探す」をタップします。
ここで「iPhoneを探す」のスイッチをONにします。

この下に「最後の位置情報を送信」という項目も、バッテリー切れに備えてONにしておきましょう。

4.セキュリティソフトでスマホを探すこともできる

ここまでの解説はAndroid、iOSそれぞれの機能を使ってスマホを探す方法です。主要なセキュリティソフトにも同様の機能があるので、それも併せてご紹介します。

4-1.セキュリティ機能のスマホ向けセキュリティ機能

スマホなどモバイル端末には、マルウェアなどのリスク以外にも紛失や盗難といったリスクがあります。主要なセキュリティソフトもそのリスクを心得ており、有料のものにはほぼ紛失・盗難対策の機能が実装されています。

4-2.ノートンでスマホを探す方法

ノートンにも位置情報からスマホを探す機能が実装されています。ノートンでスマホを探すには、ノートンの管理画面にサインインします。「マイ ノートン」から利用中のデバイス一覧を表示、その中から登録しているスマホを選択します。

次の画面でスマホに対してさまざまな操作が可能です。左メニューの中に「位置検索」という項目があるので、これをクリックします。

数秒後に、位置情報からスマホの位置が表示されます。こちらも正確にスマホを置いている位置を指し示しました。

この機能を使うと現在スマホがある場所だけでなく、これまでどこにあったのかという履歴を見ることもできます。

セキュリティソフトを導入するのであれば、こちらもぜひ活用したい機能です。

5.まとめ

スマホを紛失するというのはとても不安かつ不便なことであり、あることが当たり前のスマホがないというのは多大なストレスにもなります。そこで紛失したスマホをすぐに探したいという緊急性が高い方のための情報から、その他の機能や万が一に備えて設定をしておく方法、最後にはセキュリティソフトを使ってスマホを探す方法までを順に解説してきました。

スマホが便利になればなるほど紛失のリスクは高くなります。何かあっても慌てずに済むよう、この記事で解説している方法で今すぐスマホを探せるように設定しておきましょう。

Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?