スマホがウイルスに感染!?正しい確認方法で危険を回避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スマホにウイルスが侵入したかすぐ分かる確認方法ないのか?」とお考えなら、すぐにこの記事をご覧ください。

スマホのウイルスには、ユーザーに気づかれないよう「水面下で活動するタイプ」と、あえてユーザーに「活動を見せつけてくるタイプ」(厳密にはウイルスの類ではないものもあります)に二分できます。前者は察知が難しいため、セキュリティソフトでの確認や駆除、予防が欠かせません。対して後者は見た目にわかりやすいため、パターンを知るだけですぐに状況を確認できます。

なお、スマホユーザーに被害を与える行為の多くは、不正なアプリを経由します。その結果、iPhoneとくらべアプリの公開・審査の基準が甘いAndroidのほうが被害が大きく、警戒が必要であるため、この記事は主にAndroidを対象とした内容になっています。ただしアプリを経由しない詐欺行為も存在するため、iPhoneユーザーの方も確認は必須です。

1.水面下で情報収集するウイルスはセキュリティソフトで確認

スマホがウイルス感染しているかどうかを確認するにあたり、外部から見抜きにくいのは密かに情報収集をするタイプです。こういったウイルスのほとんどは、不正なアプリとしてスマホ本体に入り込みます。

1-1.外部から見抜きにくい情報収集をするウイルス

1-1-1.無料アプリと見せかけて電話帳を盗む

一番多いスマホウイルスの形態は、スマホ内の連絡先を丸ごと外部にデータ送信するタイプのアプリです。連絡先に記載されている個人情報は売却できるため、明らかに営利目的のウイルスと言えます。

たいていこのタイプのウイルスは、別の機能を持っているように見せかけた無料アプリとして公開されており、知らずにインストールしたユーザーの連絡先を盗み取ります。逆に言えば、ユーザーの許可なしにインストールされることはありません。

データの送信はひっそりと行われるため、アプリの不正行為を外部から判断することは困難です。

また多くの場合、本体に入り込んですぐに個人情報の不正送信が行われるため、侵入に気づいたときにはまず手遅れです。

電池が長持ちするアプリとして堂々と公開されていた上のアプリですが、実際は連絡先を盗む悪質なものでした。また電池を長持ちさせる機能はありませんでした。

1-1-2.スマホを遠隔操作してストーカー行為

遠隔操作そのものはスマホ紛失時などに効果を発揮する便利な機能ですが、遠隔操作アプリの中には明らかにストーカー行為、スマホの持ち主を監視することが目的としか思えないものも存在します。

ストーカー行為や監視は基本的に表だって行われませんから、自分が見張られていることを察知するのは困難です。
ただしこの手のアプリが行う「盗聴」「画像撮影」「映像撮影」といった行為はどれも電力を使いますから、スマホのバッテリーの消費は早くなります。
またこの手の遠隔操作アプリは、アイコンを表示しないなど、インストールされていることが見つけにくいものも多くあります。

遠隔操作のアプリは、気づかずにインストールしてしまうパターンの他に、恋人など身近な人間の手により、持ち主の知らないうちにこっそりインストールされるケースもあります。実際、元交際相手のスマートフォンに遠隔操作アプリをインストールし、ストーカー行為をしていた男性が逮捕された事例もありました。

Dendroid_Fig2_0

上の画面は感染したAndroid端末を自在に操るマルウェア「Dendroid」のコントロール画面です。操られている端末は、写真撮影や盗聴だけでなく、サーバへの攻撃も行います。また、GooglePlayのマルウェア検出機能を回避するプログラムも組み込まれています。

1-2.セキュリティソフトで本体をスキャンしないと確認がむずかしい

電話帳を盗んだり、使用者を監視するタイプのアプリは、外見からなかなか見抜けませんから、セキュリティソフトを用いて内部に入り込んでいないかチェックする以外に有効な手段はありません。

3.ウイルス感染が不安なら無料でスキャンしてみるで、信頼できるセキュリティソフトを紹介しています。

また侵入に気づいた時点で被害が拡大しているケースも多いため、4.正しくアプリと付き合ってウイルス感染を予防で解説している内容をよく読み、こういった情報収集アプリを近づけないことが大切です。

2.騒ぎ立てるタイプはパターンを知れば一目でわかる

自らの存在を使用者にアピールしてくるタイプの被害も多くなっています。情報収集ではなく、ユーザーを焦らせたり、直接的に広告を閲覧させるのが目的なので、特別な方法を使うまでもなくすぐに被害を確認できます。

2-1.ウイルス感染やトロイの木馬の侵入を画面上で通知

画面上にウイルスに感染したことや、トロイの木馬(マルウェアの一種)の被害に遭ったことが分かりやすく警告された場合、なにがその警告を発しているかを確認してください。3.ウイルス感染が不安なら無料でスキャンしてみるで紹介している、正規のセキュリティソフトではなく、ただ単にブラウザに下の画面が表示されているだけなら、高い確率でユーザーを不安がらせ、不正なアプリを買わせようとするなどの詐欺です。

smart-virus01

上はその一例です。いかにも危険であるかのように見えますが、あわてて緑色のバナーをタップしてはいけません。

こういった偽の警告を発しているのがブラウザで閲覧したWEBサイトなら、以後そのサイトにアクセスしなければそれで問題ありません。不正なアプリがメッセージを表示しているのなら、そのアプリを本体から消す必要があります。

2-2.広告をしつこく表示

見たくもない広告が常時表示されたり、不要なショートカットをホーム画面に作られたりしたら、アドウェアをインストールしてしまった可能性が高いです。
こういったタイプは原因となっているアプリを削除することで解決する他、セキュリティソフトで駆除できることもあります。

svk02

上の画面は強引に表示された広告の一例。アプリケーションの一部としてではなく、全画面を占有して広告を表示します。

2-3.スマホ本体をロックし送金を要求

突如とした「あなたのスマホはロックされました。解除するためには1000ドルを支払いなさい」といった警告文とともに、スマホが使えなくなってしまう悪質な手口も存在します。
この手の被害に遭わないためには、事前にセキュリティソフトをインストールしておくのが一番ですが、もし遭遇してしまった場合は、システムを初期化するなど、自分で何とかするしかありません。有料のセキュリティソフトを買ってインストールしていれば被害に遭うことはないわけです。

3.ウイルス感染が不安なら無料でスキャンしてみる

3-1.最初は無料!有名セキュリティ会社のセキュリティソフト

有料セキュリティソフトといえども、最初は無料で使えるものが多くあります。今までセキュリティソフトによる対策をしたことがない人は、無料で試せるのですから、インストールしない手はありません。

有料版は、ウイルス対策のみならず、紛失時の端末ロックやGPS追跡機能などがあり、スマホの総合的なセキュリティ対策ができる存在です。

3-2.永久無料のウイルス対策ソフト

有料版よりも機能が限定されてはいますが、ウイルスの検知と駆除に関しては一定以上の水準にあるものも多くあります。ただし、広告が表示されるものや、日本語に対応していないものがあるなど、使い勝手の面に難があるともいえます。

ソフトによっては有料バージョンにアップグレードすることで、より多くの機能を使えるようになります。

3-3.iPhone対応のセキュリティソフト

iPhone用のセキュリティソフトも数種類リリースされていますが、iPhoneを狙った悪意のあるソフトウェアはAndroidとくらべると非常に少ないため、機能のメインは盗難対策やデータのバックアップなどです。

実際に、iPhoneではAndroidやPCと同様に動作するセキュリティソフトが事実上存在しません。

その理由については以下の記事をご参照ください。

参考記事 : 他人事ではないiPhoneウイルス – 無料で出来る対策6つ

4.正しくアプリと付き合ってウイルス感染を予防

4-1.野良アプリをインストールできないように設定する

提供元不明の野良アプリをインストールできないように設定できます。不注意でインストールしてしまわないように、ここでしっかりと設定しておきましょう。

vsspam01 vsspam02

「設定」から「セキュリティ」をタップし、「提供元不明のアプリ」にチェックが入っていなければ、野良アプリをインストールできなくなります。

ただしGoogle Play以外からのアプリ導入が一切行えなくなるため、信頼できるサイトから直接アプリを入手する場合は設定をいったん解除する必要があります。

4-2.「.apkファイル」には要注意

アクセスしただけでウイルスを含んでいる可能性のある「.apk」ファイル(Androidのアプリのインストール元になるファイル。パソコンでいうところの.exeのようなもの)をダウンロードさせるサイトがあります。

vsspam0904

インターネット上に.apk形式で公開されているアプリもありますが、安全なものかどうか十分に検討してから導入するようにしてください。

4-3. アプリが求める権限には必ず目を通す

アプリをインストールする際には、そのアプリが要求する権限が表示されます。そしてそれを許可するかどうかを聞かれるわけですが、ここで「個人情報」や「料金が発生するサービス」を始めとする重要な権限へのアクセスを求められるようならば、インストールには慎重になってください。

悪意のあるアプリだった場合、電話帳が盗まれたり、勝手に電話やメールをされる可能性があります。

4-4.著作権を無視したアプリはインストールしない

著作権を侵害しているようなアプリは、真っ当なデベロッパーが提供するはずもありません。画像や音源取り放題など、ユーザーの好奇心をくすぐる無料のアプリには、なんらかの思惑があると思うべきです。

4-5.公式マーケットでアプリを入手する

Google直営のGoogle Playや、キャリアが運営するオフィシャルなマーケットから、アプリを入手しましょう。

ただし、こうしたマーケットにも不正なアプリが紛れ込んでいる事例もあるので、デベロッパー名やレビュー、公開期間などから総合的な判断をする必要があります。

5.まとめ

ウイルスのパターンを知り、危険な行動を避けるとともに、セキュリティソフトを導入することで、ようやく安全に使えるレベルに到達すると言えます。また、スマホにウイルスが入り込んだかどうかの確認に迫られることもほぼなくなるはずです。

Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。