スマホのウイルス症状を確認|この症状は危険サイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの調子が悪いので、ウイルスのせいでおかしな症状が出ているかもしれないと疑っていませんか? あなたがお使いの端末がAndroidで、セキュリティ対策をとっていないのであれば、その可能性があります。この記事ではスマホの不調について、ウイルスを原因とするもののと、そうでないものについて、それぞれ解説していきます。

スマホをターゲットにしたウイルスの多くは、悪意のあるアプリとして端末に入り込みます。Androidのアプリは誰でも自由に公開できるため、どうしても危険なものが一部出回ってしまうからです。それに対しiPhoneアプリは審査や管理が厳しい公式サイトでしか公開できませんので、危険なアプリはごくわずかしかないと言われています。よってこの記事では、Androidのウイルス感染の症状を主に取り上げていきます。

まずウイルス感染の諸症状を解説しますので、心当たりがあるようならばセキュリティソフトをインストールして、すぐさまウイルス駆除を試みてください。無料、あるいは一定期間無料のものも多くありますので、さしあたって費用の心配はいりません。

くわえて、ウイルスに感染しないよう日ごろから気を付けるべきポイントも解説します。これらの知識を身につければ、今後のウイルス侵入をシャットアウトできるはずです。

1.Androidがウイルスに感染したときの症状とその被害

Androidの端末がウイルス感染したときに現れる症状を解説していきますが、目に見えて感染していることが分かるのは、ユーザーを脅迫してくるランサムウェアくらい。最近のスマホが高性能化して処理速度が向上したこともあり、ほとんどのウイルスは症状がわかりにくく、普通に使っているだけではなかなか感染に気づきません。

ウイルスに関して不安があるのなら、今後の感染を未然に防ぐためにも、3.セキュリティソフトは無料版から有料版までさまざまを参考にセキュリティソフト導入を検討する必要があります。

1-1.プライバシーの侵害・個人情報の流出

スマホをターゲットにしたウイルスが狙っている代表的なものの一つは、ユーザーのプライバシーです。メールアドレスや電話番号などが個人情報を買い取る業者が存在するため、個人情報を盗み出そうとするウイルスには膨大な種類が存在します。

またユーザーを監視したり、プライベートを盗み見るタイプのウイルスも確認されています。

以下はプライバシー関連のウイルスがはたらく悪事の例です。

≪電話帳データが盗まれる≫
電話帳に登録した知人の個人情報がすべて盗まれます。これが名簿リストとして収集され、闇ルートで売買されてしまいます。

≪電話番号や位置情報が特定される≫
端末に登録した個人情報が盗まれ、またGPS機能から位置情報までをも知られてしまいます。

≪通話やデータ通信が傍受される≫
電話が盗聴されたり、メールやSNSでのメッセージが盗み見られてしまいます。

≪盗撮や盗聴≫
カメラを勝手に起動させて盗撮を行ったり、マイクを勝手に起動させて盗聴することも。

1-2.スマホを人質に身代金を要求するランサムウェア

突如としてスマホをロックし、解除のための入金を要求してくる悪質なウイルスを「ランサムウェア」と呼びます。

ひとたび感染してしまうと、スマホの操作ができなくなりますので、感染自体を未然に防ぐのがベストです。

1-3.iPhoneを狙ったスマホウイルスについて(2016/2/24 情報追加)

同じスマートフォンでも、AndroidとiPhoneでは出回っているウイルスの種類にかなりの差があります。Androidを狙った不正なアプリは亜種も含めると数百万種類存在すると言われていますが、iPhoneはごくわずかな数が確認されたのみです。

これはすでに述べた通り、アプリ公開のハードルの低さが大きな要因です。またAndroidのアプリはGoogle Playなどの公式マーケットであっても、iPhoneアプリと比べ審査基準が厳しくないため、危険なアプリが公開されている可能性があります。

もちろんアプリを経由しないウイルス感染の可能性もあるため、iPhoneだからといって安全が保証されているわけではありません。しかし同時に、アプリを経由したウイルス感染の危険度については、メーカー保証の範囲で使うかぎりiPhoneのほうが安全なのは事実です。

(2016/2/24 更新) : その後、日本での多くの被害は報告されていないもののiPhoneにもいくつかのマルウェアが発見されています。そして、それらは脱獄していないiPhoneにも影響を及ぼすものです。

2014年11月にiOSにWirelurker(OSX.Wirelurker / Trojan.Wirelurker)というトロイの木馬が発見されました。

2015年9月には公式App Storeにウイルスを混入させたXcodeGhost(OSX.Codgost)、同年10月には企業が社内アプリを配布するプロセスを悪用するYiSpecter(IOS.Specter)が発見されており、iOSを搭載したiPhoneのセキュリティが万全とは言えない状況になってきています。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

参考記事 : 他人事ではないiPhoneウイルス – 無料で出来る対策6つ

1-4.ユーザーをあわてさせる手口も

いきなり高額の利用料金を要求してきたり、ウイルス感染を騒ぎ立て特定のアプリをインストールさせようとする手口もありますが、これらの多くはWEBサイト閲覧時やメール開封時に行われるため、厳密にはウイルスではありません。

すでに解説した通り、ウイルスの主な目的の一つは秘密裏のプライバシー侵害ですから、あからさまに騒ぎ立てるタイプは、あわてず騒がず相手の要求に応じないことが基本となります。symptom02

上の画面は、ブラウザ上に「あなたの携帯は感染しています」と表示して、あわてたユーザーに特定のアプリをインストールさせようとする手口ですが、このアプリがウイルスであるパターンが一般的です。

スマートフォンでのワンクリック詐欺|正しい対処方法と予防』も参考にしてみてください。

2.ウイルス以外が原因と思われる症状

スマホの調子が悪くなったからといって、必ずしもウイルスの感染が原因とは限りません。ウイルス以外の不調要因もあります。

2-1.スマホ本体の動きが悪い

「端末がフリーズする」「電源が落ちる」「再起動が頻繁に起きる」「動作が重い」といった物理的な動作不良は、ウイルスに起因するものではなく、単純な故障・不具合の可能性が高いと考えられます。なぜならば、物理障害は犯罪者の目的にそぐわないからです。

こうした現象は、端末を再起動することで解消されることがあります。それでもおかしいなら故障が考えられますので、修理や買い替えを検討してください。

また充電がすぐなくなる場合、バッテリーの劣化である可能性が高いです。

1-3-1

2-2.身に覚えのないメルマガ配信される

ウイルス感染によりメールアドレスが流出した結果、スパムメールが届いている可能性もありますが、知人の誰かが電話帳を盗まれれば自分のアドレスも流出しますので、必ずしも自分が感染したとは言えません。

届くメールがアダルトや架空請求といったスパムの可能性が高いものではなく、まっとうなサービスが発行するメールマガジンだった場合、なんらかのサービスに登録したアドレスにメールが配信されているケースもあります。

こんなアプリは危険!迷惑メールの対処と未然に防ぐノウハウ』も参考にしてください。

3.セキュリティソフトは無料版から有料版までさまざま

Androidには様々な種類のセキュリティソフトがありますが、どのソフトでも、

  • 新型ウイルスの特徴をアップデートし、最新の対策を講じてくれる
  • すでに判明しているウイルスとの接触を防いでくれる
  • すでにスマホに入り込んでいるウイルスを駆除してくれる

といった基本の機能は搭載されています。

vsspam

有料と無料の違いは、使い勝手の良さや追加機能の豊富さにあります。

セキュリティソフトの有料版と無料版の違いは、『Androidのセキュリティを格段にアップするためにすぐやるべき4つのこと』でも解説しています。

3-1.有料版の主なセキュリティソフト

有料版と無料版の主な違いは、機能やサポートの充実度だと言えます。またウイルス対策だけではなく、紛失時の端末ロック、データ削除、GPSによる所在地特定なども可能。スマホのトラブルを総合的に解決してくれる存在です。

無料期間を設けているソフトも多いため、まずは使ってみて判断するのも良いでしょう。

3-2.無料版の主なセキュリティソフト

製品にもよりますが、有料版と無料版でウイルス検知&駆除の機能に絶大な差があるわけではありません。しかし、日本語版がないものや、広告が表示されるものなど、使い勝手の悪さを感じるものも少なくありません。またサポートも基本的に行っていないので、自分で問題をある程度解決できる自信がある方なら、まずは無料版から試してみるのもよいでしょう。

4.ウイルス感染の主要ルート!アプリ選択には細心の注意を

Androidのウイルスの多くは、悪意のあるアプリとしてスマホに入り込んでくるため、危険なアプリを避けるテクニックは必須です。

ここで紹介するルールを守りつつ、セキュリティソフトを常駐させれば、かなりの確率でウイルス感染をブロックすることができます。

4-1.野良マーケット・アプリは避ける

Androidのアプリを扱うサイトには、Google直営のGoogle Playなど信頼のおけるマーケットと、信頼のおけない野良サイトがあります。

野良サイトには不正なアプリが入り込みやすいため、完全とまではいかないものの公式サイトを利用したほうが安全です。

4-2.アプリへの許可権限を要確認

アプリをインストールする際には、そのアプリがどの情報へアクセスして良いのかを許可する画面が表示されます。ここで個人情報や電話/通話などの権限を求められたら注意が必要。これを許可すると、アプリが電話帳などに自由にアクセスすることを許してしまうことになってしまいます。不正なソフトは、ここに罠を張っているのです。

symptom05

 

4-3.デベロッパーの確認

デベロッパー(アプリの製作者)が信頼できるかどうかを確認することも重要です。誰もが知る企業と、そうでないところとではリスクに大きな格差があります。

ただしデベロッパーを詐称するケースもあるので、レビュー(高評価ほど良い)やDL数(多いほど良い)を参考にするなど、総合的に判断する必要があります。

symptom04

4-4.アプリの公開日に注目

GooglePlayなどのアプリ公開サイトは、公開済みのアプリがウイルス入りだと判断した時点で公開を停止します。そのため、ウイルス入りアプリは基本的に短命です。長い間公開されているアプリは、それだけで安全度が高いと言えます。

5.まとめ

Androidには数多くのウイルスが存在しているので、セキュリティ対策をとっていない端末は、とてつもないリスクにさらされていると言えます。

ウイルスが働く悪事は目に見えるものと、隠れて行われるものがあり、後者を見抜くことは困難です。ゆえに、セキュリティソフトを導入してウイルスの検知を行うことをおすすめします。

Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?