Facebookをやめたい人へ – アカウント削除と利用解除の違いと手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookは世界中で使われている人気のSNSの1つであり、多くの人と交流を楽しむだけでなく、企業の広告手段としても広く利用されています。基本的にFacebookは便利なものですが、ユーザーの中にはFacebook上での人間関係のこじれや、他のユーザーの投稿を見ることそのものが疲れるというFacebook疲れ、なんとなく登録しただけで使っていないなど、諸々の理由でアカウントを削除したいと考えている方が少なくありません。

ただ、Facebookそのもののサービスを使うことがなくとも、アカウントを残しておくとログイン認証の機能が使えるなどの利便性もあるので、少々もったいないというのも事実です。そこでアカウントを削除しても問題ないという方の他に、削除しようか迷っているという方のために、Facebookアカウントの削除方法と一時停止の方法について解説します。

目次:

1.Facebookのアカウント削除と利用解除
・1-1. Facebookのアカウント削除と利用解除の違い
・1-2. Facebookアカウントの削除をするとどうなる?
・1-3.Facebookアカウントの利用解除をするとどうなる?
・1-4.Facebookアカウントの削除は最終手段
2.Facebookアカウントの利用解除方法と削除方法
・2-1 Facebookアカウントの利用解除方法
・2-2 Facebookアカウントの削除方法
3.Facebookアカウントの復旧方法
・3-1.利用解除したFacebookアカウントの再開方法
・3-2.削除したFacebookアカウントの復旧方法
4.まとめ

1.Facebookのアカウント削除と利用解除

Facebookの利用をやめたい時の手段として、アカウント削除と利用解除の2つの方法があります。これらは名称が似ていても内容は全くの別物なので、次に解説するアカウント削除と利用解除の違いをよくご理解いただいたうえで、最適な選択肢を使い分けるようにしてください。

1-1. Facebookのアカウント削除と利用解除の違い

名称が似ているので紛らわしいですが、アカウント削除とは完全にFacebookアカウントを削除して退会することであり、もう一度同じアカウントでFacebookを使いたいと思っても、復旧可能な期間を過ぎると同じアカウントを利用することはできません。

それに対して、利用解除はアカウントの一時停止のことでアカウントは残ったままであるため、いつでも利用を再開できますし、アプリやサービスなどのSNS認証に使うこともできます。

1-2. Facebookアカウントの削除をするとどうなる?

Facebookアカウントの削除をするとプロフィールや今までの投稿、Facebook上でつながっていた友達情報など、Facebookにある全てのコンテンツが消えてしまい、二度と使えなくなります。

それに伴ってFacebook Messengerも使えなくなり、FacebookアカウントをLINEやInstagramなど他のアプリやネットサービスのログインに使っていた場合はログインができなくなってしまうため、メールアドレスの使用など他のログイン方法に切り替える必要があります。また、アカウントを削除するとFacebook上の友達はあなたの投稿やタイムライン、「いいね!」を確認することができなくなり、アカウント検索も不可能になります。

ちなみに、メッセージ履歴などアカウントに保存されていない情報は、アカウントが削除された後も友達のメッセージ履歴に残る可能性があります。

1-3.Facebookアカウントの利用解除をするとどうなる?

Facebookアカウントの利用解除を行うと、他のユーザーはあなたのFacebookプロフィールにアクセスすることや、テキストや写真などの投稿、シェアしたコンテンツなどを見ることができなくなります。

これはアカウントの一時停止で他のユーザーからあなたのコンテンツが見えなくなっているだけで、アカウントはもちろん今までの投稿もそのまま残っているので、いつでも再開できます。

このため、Facebook Messengerは引き続き使えますし、他のサービスのログインにも使用が可能です。

1-4.Facebookアカウントの削除は最終手段

他のサービスのログインやアプリの認証などにFacebookアカウントを使っているなら、削除するよりも一時停止にしておいた方が便利だといえます。
このことを考慮してもアカウントを削除したいと思うなら、メールアドレスやGoogleアカウントなどでログインできるようにしてからの方が無難です。

2.Facebookアカウントの利用解除方法と削除方法

ここからはFacebookアカウントの利用解除と削除について、AndroidとiOS、パソコンのそれぞれにおける手順について解説するので、お手持ちの端末に合わせて参考にしてください。

2-1 Facebookアカウントの利用解除方法

最初に、Facebookアカウントの利用解除方法を解説します。

2-1-1.【Android版】Facebookアカウントの利用解除手順

手順①
Facebookアプリのメニューにある「設定とプライバシー」をタップし、「設定」を選択します。

手順②
設定画面の下に「あなたのFacebook情報」という項目があるので、その中の「アカウントの所有者とコントロール」をタップします。

手順③
「アカウントの利用解除と削除」をタップしたら、次の画面で「アカウントの利用解除」にチェックを入れ、「アカウントの利用解除へ移動」をタップします。

手順④
パスワードの入力を求める画面が表示されたらパスワードを入力して、「次へ」をタップします。そうすると「Facebookアカウントの利用解除」画面が表示されるので、アカウントの利用を解除したい理由に該当する項目にチェックを入れ、「次へ」をタップします。

手順⑤
「Facebookの利用を一時休止する」画面で休止期間を選択できるので、3日間や7日間など好みの期間を選択し、「次へ」をタップします。

手順⑥
「利用解除する前に」画面に記載されていることをよく確認し、「アカウントの利用停止」をタップします。

以上で、Facebookアカウントの利用解除は完了です。

2-1-2.【iOS版】Facebookアカウントの利用解除手順

手順①
右下にある三本線のアイコンをタップし、「設定とプライバシー」を探してタップします。

手順②
「設定」をタップし、次に「アカウントの所有者とコントロール」をタップします。

手順③
「アカウントの利用解除と削除」をタップ、次の画面で「アカウントの利用解除へ移動」をタップします。
画面に表示される手順にしたがって利用解除の設定をしてください。

2-1-3.【パソコン版】Facebookアカウントの利用解除手順

手順①
画面右上の▼メニューを開いて「設定」を選択したら、左メニューにある「あなたのFacebook情報」を選択します。
その次に、「アカウントの利用解除と削除」を選択します。

手順②
「Facebookアカウントの利用解除または削除」画面において、「アカウントの利用解除」にチェックを入れて「アカウントの利用解除へ移動」を選択します。

手順③
パスワード入力画面が表示されたらパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
そうすると「アカウントを利用解除しますか?」画面が表示されるので、アカウントを利用解除したい理由に該当する項目を選択し、アカウントの休止期間を選んだら画面下にある「利用解除」を選択します。

手順④
「アカウントを利用解除しますか?」が表示されるので、「利用解除を実行」をクリックします。

以上の手順を踏むことで、Facebookアカウントの利用解除ができます。

2-2 Facebookアカウントの削除方法

次に、Facebookアカウントの削除方法を解説します。

2-2-1.【Android版】Facebookアカウントの削除手順

手順①
「Facebookアカウントの利用解除手順」の手順②までと同様の操作をします。

手順②
「アカウントの利用解除と削除」をタップしたら、次の画面で「アカウントの削除」にチェックを入れ、「アカウントの削除へ移動」をタップします。

手順③
「アカウントの削除」画面が表示されたら、「削除する前に」に記載されている内容を確認しましょう。
この時に、「Facebookデータをダウンロード」において「情報をダウンロード」を選択してバックアップをとることや、Facebookアカウントを利用してログインしているアプリを確認し、ログイン方法を変更しておくことを推奨します。
必要な作業を終えたら、「アカウントを削除」をタップします。

手順④
パスワードの入力画面が表示されたらパスワードを入力し、「次へ」をタップします。
そうすると「削除の確認」画面が表示されるので、「アカウントを削除」をタップします。

以上で、Facebookアカウントの削除は完了です。

2-2-2.【iOS版】Facebookアカウントの削除手順

手順①
右下にある三本線のアイコンをタップし、「設定とプライバシー」を探してタップします。

手順②
「設定」をタップした次に「アカウントの所有者とコントロール」をタップします。

手順③
「アカウントの利用解除と削除」をタップします。

手順④
次の画面が表示されたら下にスクロールし、「アカウントを削除」をタップします。

次の画面でパスワードを入力し、「次へ」をタップしたうえで「アカウントを削除」をタップするとアカウント削除の手順は完了です。

2-2-3.【パソコン版】Facebookアカウントの削除手順

手順①
「Facebookアカウントの利用解除手順」の手順①と同様の操作をします。

手順②
「Facebookアカウントの利用解除または削除」画面において、「アカウントを完全に削除」にチェックを入れて「アカウントの削除へ移動」を選択します。

手順③
「アカウントを完全に削除」画面が表示されたら、記載されている内容を確認しましょう。
この時に、「Facebookデータをダウンロード」において「情報をダウンロード」を選択してバックアップをとることを推奨します。
その後に、「アカウントを削除」をタップします。

手順④
パスワードの入力画面が表示されたらパスワードを入力し、「次へ」をタップします。
そうすると「アカウントの完全削除を確認」画面が表示されるので、「アカウントを削除」をタップします。

以上の手順を踏むことで、Facebookアカウントの削除は完了です。

3.Facebookアカウントの復旧方法

利用解除によって一時休止したFacebookアカウントを、指定した休止期間を迎える前に再開したい場合や、削除したアカウントを復旧したい場合があるかもしれません。
そういった時は、次にご紹介する方法でアカウントを復旧させることが可能です。

3-1.利用解除したFacebookアカウントの再開方法

利用解除で一時休止したFacebookアカウントは、Facebookにログインし直すことや、Facebookアカウントを使用して他のサービスにログインすることで再開できます。

3-2.削除したFacebookアカウントの復旧方法

Facebookアカウントを削除したものの、やはり同じアカウントを運用し続けたい場合は、アカウント削除をしてから30日以内に削除をキャンセルすれば、復旧が可能です。方法はとても簡単で、Facebookにログインして「削除をキャンセル」をタップすれば運用を再開できます。

4.まとめ

Facebookは情報の共有や多くの人とつながるために便利なツールですが、その性質のために疲れや人間関係のこじれなど、様々な問題が生じることも無いわけではありません。そのため、Facebookを楽しむ一方でアカウント削除を検討している方も決して少なくないでしょう。

ただ、Facebookアカウントはアプリやツールなどのログインに利用できるといったメリットもあるので、まずはアカウントの一時停止にあたる利用解除を検討し、アカウントの削除はあくまでも最終手段として考えてみてください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

ノートンセキュリティは30日間(最大60日間)無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?