大量に届くGmailの迷惑メール対策をパソコン、スマホ別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gmailをお使いで、たくさん届く迷惑メールにウンザリしていませんか?Gmailは無料で利用できるメールサービスの中でも機能の豊富さや知名度の高さゆえに利用者数はとても多く、それゆえに迷惑メールのターゲットとしても狙われやすいことが多くのユーザーを悩ませています。
これからもGmailを使っていくにあたって、迷惑メールの問題を何とかしたいとお考えの方はとても多いと思います。

Gmailにはなぜこんなにたくさんの迷惑メールが届くのか?その問題を解決する具体的な方法は?といった疑問にお答えした上で、パソコンやスマホで迷惑メール対策をするための設定方法を順に解説していきます。

また、Gmailに限らず迷惑メールの問題は起きているので、最後には迷惑メールが届かないようにする、または少しでも迷惑メールの数を減らすための方策も解説します。

Gmailをお使いの方で迷惑メールのことが気になる方は、ぜひ最後までお読みください。

目次:

1.Gmailに届く迷惑メールにお困りの方へ
・1-1.Gmailに迷惑メールが届きやすい理由
・1-2.迷惑メールに埋もれて重要なメールを見失うことも
・1-3.Gmailには迷惑メール対策機能がある
2.Gmailの主な迷惑メール対策機能
・2-1.迷惑メールの自動フィルタリング
・2-2.迷惑メールのブロック
・2-3.スパムメール配信者をブラックリスト登録
3.【Windows、Mac共通】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法
・3-1.迷惑メールのブロック、登録
・3-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを解除
4.【Android】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法
・4-1.迷惑メールのブロック、登録
・4-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを削除
5.【iOS】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法
・5-1.迷惑メールのブロック、登録
・5-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを解除
6.迷惑メールを減らす、なくすためにできる対策
・6-1.むやみにメールアドレスを登録しない
・6-2.「捨てアドレス」を用意する
・6-3.Gmailの機能以外にも迷惑メール対策を実施する
7.まとめ

1.Gmailに届く迷惑メールにお困りの方へ

Gmailは世界的に利用者の多い有名な無料メールサービスですが、それゆえに迷惑メールの多さと表裏一体です。まずはGmailの迷惑メール事情と、それに対するGmail側の対策についての基本を解説します。

1-1.Gmailに迷惑メールが届きやすい理由

Gmailは無料でありながらとても高機能で、しかもGoogleが運営していることから知名度や安心感が大きく、全世界に10億人以上のユーザーがいるマンモス級のメールサービスです。

ユーザー数が多いということは、そこに迷惑メールを送り付けることによる宣伝効果も高くなると期待できるため、Gmailは他の無料メールサービスよりも迷惑メールが多いという指摘があります。

Gmailのアドレスはご存知の通り「〇〇〇@gmail.com」となるため、〇〇〇の部分にさまざまな文字列を当てはめていくと実在するメールアドレスができてしまいやすく、無作為に生成されたGmailアドレスに迷惑メールが送り付けられるといったこともあります。

1-2.迷惑メールに埋もれて重要なメールを見失うことも

Gmailに届く迷惑メールの数が多くなってくると、重要なメールがその中に埋没してしまい、見失ったり間違って削除してしまうといったミスも起きやすくなります。

仮にミスが起きなかったとしても、迷惑メールが全く届いていない状態と迷惑メールだらけになっている状態を比べると、断然後者の方が目的のメールを見つけにくいでしょう。

迷惑メールが届くだけなら実害はないかも知れませんが、このように重要なメールを探しにくいなどの影響を及ぼすようになると実害のレベルだと言えます。

1-3.Gmailには迷惑メール対策機能がある

こうした迷惑メールに対して、Gmail側も対策に乗り出しています。無料サービスでありながらかなり強力な迷惑メール対策機能なので、その機能については次章で詳しく解説します。

2.Gmailの主な迷惑メール対策機能

Gmailには、迷惑メール対策としてどんな機能があるのでしょうか。主に3つある機能を、順に解説します。

2-1.迷惑メールの自動フィルタリング

Gmailには、届いたメールを自動的に迷惑メールとして振り分ける機能があります。迷惑メールだと認定され、振り分けられたメールは「迷惑メール」フォルダに保存されます。

以下Gmailのスクリーンショットにある「迷惑メール」フォルダの中を見ると、たくさんのメールが保存されていますが、このすべてが実際に迷惑メールです。

このようにGmailの自動フィルタリング機能は精度が高く、かなりの量の迷惑メールがこのフィルタで処理されているものと思われます。

なお、この機能によって振り分けられたメールの中に迷惑メールではないものがあった場合、その状態を解除することができます。その方法については、デバイス別に解説していきます。

2-2.迷惑メールのブロック

自動フィルタリングに加えて、Gmailには手動で迷惑メールをブロックする機能があります。迷惑メールとしてGmailが認識しておらず受信トレイに入ってきたメールであっても、手動で迷惑メールに分類すると以後は迷惑メールとして認識され、同じ差出人からのメールは「迷惑メール」フォルダに振り分けられるようになります。

2-3.スパムメール配信者をブラックリスト登録

大量にメールを配信してくるスパムメール配信者の多くは、複数の人に同時にメールを配信する「メーリングリスト」を使ってメールを一斉に配信します。

Gmailではこのようなメーリングリストを利用してメール配信をしてくる配信元を登録することにより、以後の受信をブロックすることができます。

3.【Windows、Mac共通】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法

Windows、MacといったパソコンでGmailを利用している方向けに、迷惑メール対策の設定方法を解説します。

3-1.迷惑メールのブロック、登録

自動的に迷惑メールとして認識されていないメールの中に迷惑メールがある場合は、そのメールを開き、上部にある感嘆符マークのアイコンを探します。

このボタンをクリックすると現在開いているメールは迷惑メールとして認識され、即座に「迷惑メール」フォルダに移動します。以後、同じ差出人からのメールはすべて「迷惑メール」フォルダに振り分けられます。

3-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを解除

必要なメールであるにもかかわらず迷惑メールとして振り分けられてしまっている場合は、迷惑メールとして登録されているメールアドレスを解除する必要があります。

該当のメールを開き、メール本文の上にある「迷惑メールではない」というボタンをクリックすると、そのメールは迷惑メールではないと認識されて即座に受信トレイに戻ります。以後、その差出人からのメールは迷惑メールとはなりません。

4.【Android】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法

先ほどのパソコン版に続いて、Android版のGmailアプリで迷惑メール対策をする手順を解説します。

4-1.迷惑メールのブロック、登録

Gmailアプリを開き、迷惑メールに振り分けたいメールを開きます。そのメール本文の右上に三点アイコンがあるので、そこをタップして下記のメニューを開きます。

このメニューの一番下にある「〇〇さんをブロック」をタップすると、そのメールは迷惑メールとして認識されるようになります。

4-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを削除

迷惑メールとして自動登録されてしまっているメールおよびその差出人を迷惑メールではないと認識させるには、Gmailアプリで左上の三本線アイコンをタップ、その中にある「迷惑メール」をタップして「迷惑メール」フォルダを開きます。

その中から迷惑メールの登録を解除したいメールを開き、右上の三点アイコンをタップして「〇〇さんのブロックを解除」をタップします。

5.【iOS】Gmailの迷惑メール機能を設定する方法

iOS用のGmailアプリで迷惑メールに関する設定を行う方法を解説します。

5-1.迷惑メールのブロック、登録

iOS向けのGmailアプリでは、迷惑メールの手動登録はできません。iPhoneやiPadなどでGmailをお使いの場合、ブラウザからGmailにログインをして「3-1.迷惑メールのブロック、登録」の操作を行ってください。

5-2.迷惑メールに自動登録されているアドレスを解除

Gmailアプリを開き、左上の三本線アイコンをタップ、その中にある「迷惑メール」をタップします。「迷惑メール」フォルダが開いたら、迷惑メールとしての登録を解除したいメールを選択します。

対象のメールを選択したら、下のメニューにある「迷惑メールではない」をタップします。これで迷惑メールとしての登録は解除されます。

6.迷惑メールを減らす、なくすためにできる対策

Gmailに限らず、迷惑メールに悩まされている方はとても多いと思います。迷惑メールを少しでも減らし、なくしていくための対策を3項目にまとめました。

6-1.むやみにメールアドレスを登録しない

迷惑メールを配信する業者の立場になって考えると、どうにかして配信先のメールアドレスを収集したいはずです。そのための手段として、メールアドレスの登録を伴うサービスを提供したり、そういったサービスを行っている業者からメールアドレスの提供を受けたりしています。

メールアドレスを登録するだけで利用できる無料サービスや懸賞サイトなど、こうしたところでむやみにメールアドレスを登録しているとメールアドレスの露出が多くなり、それに伴って迷惑メールが多くなってきます。

メールアドレスの露出が多くなればなるほど迷惑メールが増えることを意識して、むやみにメールアドレスをあちこちに登録しないことをおすすめします。

6-2.「捨てアドレス」を用意する

前項ではむやみにメールアドレスを登録しないという対策をご紹介しました。しかし、そうは言っても今のネット事情を考えると、全くメールアドレスを登録せずにさまざまなサービスを利用するというのは現実味がありません。

そこで、他の無料メールサービスなどを利用して、あまり重要ではないサービスの登録時に使用するという手があります。こうした使い方をするメールアドレスのことを通称「捨てアドレス」といいますが、現在使用しているGmail以外のアドレスを新たに取得するなどして捨てアドレスにしておけば、現在使用しているGmailアドレスへの迷惑メール着信を防ぐことができます。

6-3.Gmailの機能以外にも迷惑メール対策を実施する

Gmailには迷惑メールの自動登録や、手動で登録した迷惑メールを振り分けるなどの機能がありますが、Gmailの機能以外にも迷惑メールをシャットアウトする方法はあります。

セキュリティソフトの設定や利用しているプロバイダの機能、メールソフトの設定でも迷惑メールの受信拒否を設定できるので、gmail.com以外のメールアドレスを利用している方は、そういったサービスの利用も有効です。

【参考】各サービスやソフトの迷惑メール設定機能

7.まとめ

Gmailに限らず、電子メールをお使いのすべての方にとって迷惑メールは厄介な存在です。Gmailは無料サービスでありながら迷惑メール対策がとても充実しているということもあり、その機能と設定方法を解説してきました。

迷惑メールは仕事や学業などの能率を下げてしまうだけでなくミスを引き起こす要因にもなるので、使えるものはしっかり使って有効な対策を講じてください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

ノートンセキュリティは30日間(最大60日間)無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?