iPhoneの3つのデータ移行方法と、失敗しないための準備と手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneさえあれば電話やメッセージのやりとり、ネットやニュースアプリなどによる情報取集、ゲームや決済といった多くのことができてしまうので非常に便利です。しかし、便利であるだけに持っているデータも多く、機種変更の時にデータの移行に手間取ってしまうことも珍しくありません。

アプリのデータや画像データなど、大事なデータの移行に失敗することや復元できない可能性を心配する人も多くいらっしゃると思います。そこで、iPhoneの最新機種ならではのデータ移行方法や、データ移行前の準備から移行手順まで、順を追って解説していきます。

目次:

1.新しいiPhoneのデータ移行方法
1-1.データを直接移行する方法
1-2. iCloudやiTunesを利用してデータ移行する方法
2.新しいiPhoneにデータ移行するための準備
2-1.iPhone同士の直接データ移行時にやるべき準備
2-2.従来のバックアップを取るデータ移行時にやるべき準備
2-3.直接移行時とバックアップデータ移行時の双方でやるべき準備
3.新しいiPhoneにデータを移行する手順
3-1. 新旧のiPhone同士で直接データを移行する手順
3-2. iCloudを利用したデータ移行手順
3-3. iTunesを利用したデータ移行手順
4.iPhoneのデータ移行をする際の注意すべきポイント
4-1.直接データ移行ができない場合がある
4-2.データの移行作業は慎重に行う
5.まとめ

1.新しいiPhoneのデータ移行方法

新しいiPhoneのデータ移行方法には、iOS 12.4以降で可能となったデータを直接移行する方法と、従来通りiCloudやiTunesでバックアップを取ってからデータ移行をする方法の2種類があります。

データ移行の手順を解説する前に、まずはそれぞれのデータ移行方法のメリットやデメリットなどについて解説します。

1-1.データを直接移行する方法

データを直接移行する方法を使用するためには、古いiPhoneと新しいiPhoneのどちらもiOS 12.4以降である必要があります。この方法では本体同士をBluetooth接続して直接データを移行するため、写真や動画、アドレスなどのバックアップを取っておく必要がありません。定期的にバックアップを取る習慣がない人にとっては特に便利な方法です。

ただし、移行できるのは本体に直接保存されているデータに限るので、LINEやゲームなどのアプリのバックアップは別に取っておく必要があります。

1-1-1.データを直接移行するメリット

データを直接移行する方法はiCloudやiTunesにバックアップをとる必要がなく、本体同士をつなぐことができればWi-Fiも必須ではないことから、従来のiCloudやiTunesでバックアップをとってから復元するやり方がよく分からない方や面倒に感じる方は、データ移行がしやすいというメリットがあります。

また、バックアップをとるデータの容量によってはiCloudの有料プランが必要な場合があり、その出費を避けたい方にとっても便利です。

1-1-2. データを直接移行するデメリット

写真や動画はデータ容量が大きいため、よく写真などを撮る場合はデータの移行にかなり時間がかかる可能性があります。従って、iPhoneに写真や動画などを多く保存している方はデータを直接移行するよりも、Wi-Fiを使用してiCloudからデータを復元したり、PCに接続してiTunesからデータを復元するという従来のデータ移行の方が早くデータ移行ができます。

もし、iCloudのストレージなどに写真や動画をバックアップできるだけの余裕がない場合や、iCloudの有料プランを利用したくない場合は、就寝前にデータ移行を行うなどの工夫が必要です。

1-2. iCloudやiTunesを利用してデータ移行する方法

従来のデータ移行方法は、iCloudやiTunesにデータのバックアップをとり、そのデータを新しいiPhone本体に復元します。

普段からデータをバックアップしている方や、従来のやり方に慣れている方、iCloudに多くの写真や動画のバックアップをとる余裕がある方などは、データを直接移行するよりも従来のやり方の方が早くデータを移すことができるため、機種変更にかかる時間を減らすことができます。

2.新しいiPhoneにデータ移行するための準備

新しいiPhoneにデータ移行するための準備には、以下の3種類があります。

・iPhone同士直接データ移行する時だけやるべき準備

・iCloud/iTunesにバックアップを取る時だけやるべき準備

・どちらの場合でもやるべき準備

それぞれの準備について順を追って解説するので、必要に応じて参考にしてみてください。

2-1.iPhone同士の直接データ移行時にやるべき準備

始めに、iPhoneに直接データ移行する時にやるべき準備について解説します。

2-1-1.Apple IDとパスコードを用意する

新しいiPhoneにデータを直接移行するためには、Apple IDとパスコードを使うことが前提となります。このことから、もしこの2つを覚えていないなら事前に確認しておきましょう。

また、Apple IDが未設定である場合は、新規で登録しておく必要があります。

2-1-2.古いiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートする

データを直接移行するには、古いiPhoneとデータ移行先の新しいiPhoneのどちらもiOS 12.4以上でないといけないので、必要に応じてiOSの古いバージョンを最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

アップデートの手順はとても簡単で、「設定」の「一般」をタップしたら、「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。

「ソフトウェア・アップデート」の画面でiOS 12.4以上となっていなければ、「ダウンロードとインストール」をタップし、あとは画面の指示に従えばアップデートは完了です。

2-2.従来のバックアップを取るデータ移行時にやるべき準備

従来のデータ移行方法で行うバックアップには、iCloudとiTunesを使う2種類のバックアップ方法があります。それぞれのバックアップの手順を解説するので、従来の方法でデータ移行をする方はやりやすいと思う方を参考にしてみてください。

2-2-1. iCloudでバックアップをとる手順

まずは、iCloudでバックアップをとる手順を解説します。

手順①
Wi-Fiをオンにしておき、「設定」画面でユーザー名をタップします。

手順②
Apple IDの画面が表示されたら「iCloud」をタップし、「iCloudバックアップ」をタップします。

手順③
バックアップ画面で「iCloudバックアップ」をオンにすると、「iCloudバックアップを開始」という確認画面が表示されるので、「OK」をタップします。
バックアップ機能がオンになるまでに数秒ほど時間がかかる場合があるので、そのまま待ちます。

手順④
バックアップ機能がオンになったら、「今すぐバックアップを作成」をタップします。

そうすると、「バックアップを作成中」が表示されるので、そのまま待ちます。

手順⑤
「最後に作成されたバックアップ:バックアップを取った時刻」が表示されたら、バックアップは完了です。

2-2-2. iTunesでバックアップをとる手順

次に、iTunesでバックアップをとる手順を解説します。

手順①
iPhoneと接続する前に、自動同期を停止しておく必要があります。
iTunesを起動したら「編集」を選択し、「設定」を選択します。

手順②
表示された設定画面で「デバイス」を選択し、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ、「OK」を選択します。

手順③
付属のUSBケーブルとパソコンを接続し、iTunesの左上にあるデバイスマークを選択します。

手順④
表示された概要画面にある「今すぐバックアップ」を選択します。
そうするとバックアップが開始されるので、そのまましばらく待ちます。

手順⑤
画面上にAppleマークが表示されたら、バックアップは完了です。

2-3.直接移行時とバックアップデータ移行時の双方でやるべき準備

ここからは、データを直接移行する方法と、iCloud/iTunesのバックアップデータを利用したデータ移行の双方でやっておくべき準備をご紹介します。

2-3-1.新しいiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートする

iPhone XSやiPhone XRなどは初期搭載のアプリケーションがiOS 12.4より古い場合があるので、念のため最新のiOSにアップデートしておくことを推奨します。
新しく購入したiPhoneのiOSを最新のバージョンにアップデートする手順は、次の通りです。

手順①
SIMカードを挿入します。iOS 12.4以上の場合は「データを転送」画面が表示されることがあり、この画面が表示されたら「その他のオプション」を選択します。
もし、「データを転送」画面が表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

手順②
「Appとデータ」画面で「新しいiPhoneとして設定」もしくは「Appとデータを転送しない」を選択し、指示に従って設定を行います。
ただし、Apple PayやApple Watchなどの設定は行わない方がデータ移行がスムーズであるため、「後で設定する」などの選択肢を選ぶようにしましょう。
他の設定も同様に後で設定すれば問題ありません。

手順③
ホーム画面が表示されたら、設定画面の「一般」をタップし、「ソフトウェア・アップデート」でiOSのアップデートを行います。
詳しい手順は、先述した「古いiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートする」をご覧ください。

手順④
iOSのアップデートが完了したら、工場出荷状態のまっさらなiPhoneにデータ移行をするために、新しいiPhoneを初期化します。
設定画面から「一般」をタップし、「リセット」をタップします。

手順⑤
リセット画面で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、パスコードを入力します。

手順⑥
「iPhoneを消去」をタップすると「本当に続けますか?」が表示されるので、もう1度「iPhoneを消去」をタップします。
以上で、新しいiPhoneのiOSのアップデートと初期化は完了です。

2-3-2.LINEなどのアプリの引き継ぎ準備をする

機種変更の際に忘れてはいけないのは、LINEやゲームアプリなどのアカウントの引き継ぎ準備です。

トーク履歴やアカウント情報などアプリを利用するための重要な情報は、iPhone本体ではなくアプリに保存されているため、アカウントの引き継ぎ準備を忘れてしまうと新しいiPhoneへのデータ移行ができなくなってしまいます。

LINEのアカウントの引き継ぎ方法は公式で最新版が紹介されているので、そこで解説されている手順を参考にしてアカウントの引継ぎ準備を進めてください。

【最新版】LINEのアカウントを引き継ぐ方法

ゲームアプリもそれぞれアカウントの引き継ぎ方法が案内されているので、数年分のデータが消えるなどという悲しい状況にならないように、しっかりと確認して準備しておきましょう。

2-3-3.Suicaは古いiPhoneから削除しておく

Apple PayにクレジットカードやSuicaなどを登録している場合は、機種変更の際に改めて登録し直す必要があります。

この時、クレジットカードが登録できるiPhoneは1台のみという縛りは特にないので、古いiPhoneのApple Payから削除しなくても問題ありません。しかし、Suicaが登録できるiPhoneは1台のみとされているので、古いiPhoneのApple Payから削除しておき、新しいiPhoneのApple Payに登録できるようにしておく必要があります。

詳細な手順はSuica公式ページのよくあるご質問で案内されているので、ぜひ参考にしてみてください。

【Suica公式】よくあるご質問

3.新しいiPhoneにデータを移行する手順

バックアップやアカウントの引き継ぎなど、データ移行のための準備が整ったら、実際にデータを移行していきましょう。

古いiPhoneと新しいiPhone同士で直接データを移行する手順と、iCloudやiTunesを利用したデータ移行の手順をそれぞれ解説します。

3-1. 新旧のiPhone同士で直接データを移行する手順

まずは、古いiPhoneと新しいiPhone同士で直接データを移行する手順を解説していきます。

手順①
新しいiPhoneにSIMカードを挿入し、電源ボタンを長押ししてiPhone本体を起動しておきます。
もし、新しいiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートすることと初期化が完了していた場合は、改めてSIMカードを挿入する必要はありません。

手順②
古いiPhoneのWi-FiとBluetoothをオンにし、画面ロックを解除して新しいiPhoneのそばに置きます。
Wi-Fiがオフの状態でもデータ移行はできますが、データ移行後に始まるアプリの再ダウンロードの時にモバイルデータ通信を使用してしまう可能性があるので、できる限りWi-Fiはオンにしておきましょう。

手順③
新しいiPhoneの画面に「こんにちは」が表示されたら、画面を上にスワイプする、またはホームボタンをクリックします。
これによって、古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」というクイックスタート画面が表示されたら、Apple IDに間違いがないことを確認して「続ける」をタップします。

もし、古いiPhoneで「新しいiPhoneを設定」が表示されない時は、古いiPhoneを画面ロックして解除すると表示されることが多くあります。

手順④
新しいiPhoneの画面に「ほかのiPhoneを待機中」という表示とともに、青いアニメーションが表示されたら、古いiPhoneに円が表示されるので、その円の中に青いアニメーションが収まるように新しいiPhoneをかざして読み取ります。
アニメーションの読み取りがうまくいかない場合は、円の下にある「手動で認証」をタップすることで、6桁の認証番号の入力による認証が可能です。

手順⑤
新しいiPhoneにパスコード入力画面が表示されたら、古いiPhoneで使用していたパスコードを入力します。

手順⑥
新しいiPhoneでFace IDの設定画面が表示されます。Face IDは後で設定することもできますが、セキュリティ強化のためにもこの時点で設定しておくことを推奨します。

詳細な設定方法は「iPhoneからの情報漏洩や乗っ取りを防ぐロック機能の使い方」の記事で解説しているので、ご覧いただくことで参考になると思います。

手順⑦
新しいiPhoneに「データを転送」画面が表示されたら、「iPhoneから転送」をタップします。

利用規約画面が表示されたら、「同意する」をタップします。

手順⑧
新しいiPhoneで様々な設定の指示が表示されるので、その指示に従って設定を進めていきます。
各種設定が完了すると、古いiPhoneと新しいiPhoneの間でデータの転送が開始されます。
データの転送にかかる時間は人それぞれですが、写真や動画をたくさん保存していた場合は転送時間が長くなる場合があります。

手順⑨
データの転送が完了したら、新しいiPhoneは自動で再起動され、古いiPhoneには「転送が完了しました」画面が表示されます。

手順⑩
新しいiPhoneのホーム画面を表示すると、古いiPhoneにインストールされていたアプリが自動でダウンロードされ、データの移行が完了します。

3-2. iCloudを利用したデータ移行手順

次に、iCloudにとっておいたバックアップデータを利用したデータ移行の手順を解説します。

手順①
新しいiPhoneの電源を入れ、「こんにちは」画面が表示されたら、案内に沿って設定を進めていきます。

手順②
「Appとデータ」という画面が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップし、Apple IDを入力してiCloudにサインインします。

手順③
事前にとっておいたバックアップデータを選択すると、「iCloudから復元」画面が表示され、データの移行が開始されます。
進行状況バーが最後まで進むのを待てば、iCloudによるデータ移行は完了です。

3-3. iTunesを利用したデータ移行手順

ここからは、iTunesに保存しておいたバックアップデータを利用したデータ移行手順を解説します。

手順①
iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、iTunesを起動します。
画面左上に表示されているデバイスのアイコンを選択し、iPhoneの画面を表示します。

手順②
画面下にあるメニューの中から「バックアップを復元」を選択し、バックアップしておいたデータを選択して「復元」をクリックします。

手順③
iPhoneが再起動した後もパソコンと接続したままにしておき、iTunesとの同期が終わるまで待ちます。
同期が終われば、データの移行作業は完了です。

4.iPhoneのデータ移行をする際の注意すべきポイント

古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに移行する時には、注意すべきポイントが2つあります。実際にデータ移行をする際には、次に紹介する2つのポイントに気をつけて作業をしてください。

4-1.直接データ移行ができない場合がある

古いiPhoneと新しいiPhoneで直接データ移行ができるのは非常に便利ですが、何らかの理由で直接データ移行が出来ない場合があります。

古いiPhoneと新しいiPhone の両方でiOSのバージョンを最新にしても、「iPhoneから直接転送する」といった項目を選ぶことができない時は、iCloudやiTunesを利用した従来のデータ移行手順を試すことを推奨します。

4-2.データの移行作業は慎重に行う

LINEや電子決済、ゲームやニュースなどといったアプリなど、iPhoneの利用範囲が広い方ほど移行するデータの種類や量は多くなります。

そのため、アカウントの引き継ぎのし忘れなどによってデータを失ってしまうことのないように、パスコードなどの確認や各種バックアップは落ち着いて慎重に行うようにしましょう。

5.まとめ

iPhoneの機能が向上するとともに利用できる範囲も広くなり、iPhoneが1つあれば連絡や決済など多くのことができてしまうため非常に便利です。また、データ移行の方法もiCloudやiTunes に加えてデータの直接移行までできるようになり、自分にとって一番やりやすい方法で機種変更ができるようになっています。

しかし、選択肢が増えると「どの方法でデータ移行することが最適なの?」と迷ってしまう方や、利用しているアプリやサービスが多いために、何をどうやって移行すれば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃいます。

このような状況に当てはまる方でも焦らず落ち着いて作業を行えば、データ移行はそこまで難しくありません。今回ご紹介した準備や手順をぜひ参考にしていただき、一つひとつ丁寧にデータ移行を行ってください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

ノートンセキュリティは30日間(最大60日間)無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?