iPhoneを売りに出す前に!端末の初期化/バックアップと復元の全手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機種変更やiPhoneの下取り、端末の不具合などでiPhoneを初期化しようとお考えですか?iPhoneを初期化すると大切な写真などのデータも失われてしまうので、ちゃんとバックアップした上で初期化をするための正しい方法を知りたいとお感じではありませんか?

iPhoneの中は個人情報の「宝庫」なので、特にiPhone端末を売りに出したり譲渡する際にはしっかりと初期化をしておきたいところですが、その一方で大切なデータを失うことなく次の端末にも引き継ぎたいものです。

そこで、この記事ではiPhoneを初期化するにあたって知っておくべきこと、初期化の手順、それに備えるためのバックアップと復元の手順について解説します。

目次:

1.iPhoneの初期化で知っておきたいこと
・1-1.iPhoneの初期化とは
・1-2.iPhoneの初期化が必要になる主な場面
・1-3.iPhoneを初期化するとどうなる?
2.iPhoneを初期化する方法
・2-1.iPhoneを初期化する前に
・2-2.iPhoneを初期化する手順
3.初期化に備えてiPhoneをバックアップする方法
・3-1.iCloudを使った方法
・3-2.iTunesを使った方法
4.まとめ

1.iPhoneの初期化で知っておきたいこと

1-1.iPhoneの初期化とは

iPhoneを工場出荷時と同じ状態にすることを初期化といいます(ただし、アップデートしたiOSのバージョンは工場出荷時と同じではありません) 。使用時に保存した写真や動画、連絡先、ユーザーが自分でインストールしたアプリなど個人的な情報は全て消去され、ゼロの状態に戻すのが初期化です。

1-2.iPhoneの初期化が必要になる主な場面

iPhoneを初期化する必要が生じるのは、大きく分けて2つの場面があります。それぞれの場面に応じて初期化における準備や手順が異なります。

1-2-1.iPhone端末を売却、譲渡する時

iPhoneは人気の高いスマホなので、使わなくなっても下取りや買い取りでお金にすることもできるため売りに出す人も少なくありません。また、個人的にネットオークションなどを介して売りに出す人もいるでしょう。

自分が使ってきたiPhoneの中には個人情報や個人的なデータが大量に保存されているので、売りに出す前にそれを消去しておく必要性からiPhone初期化の出番となります。

1-2-2.iPhoneに不具合が起きて復旧したい時

iPhoneではウイルスなどのリスクが比較的少ないものの、ゼロというわけではありません。また、インストールしたアプリの不具合、長年使っていることによってiPhoneの動作が遅くなったり、原因不明の再起動が頻発したりと使いづらくなってきた時に検討されるのがiPhoneの初期化です。

何らかの問題を抱えているアプリなども含めて丸ごと消去されるので、初期化によって購入時の快適さを取り戻せるかも知れません。

1-3.iPhoneを初期化するとどうなる?

iPhoneの初期化は文字通り初期状態に戻すという意味なので、初期化を行うと端末内に保存したファイルは全て消去されます。また、ユーザー自身がインストールしたアプリも全て削除され、ユーザーが変更した各種の設定なども全て初期状態に戻ります。

つまり、iPhoneを初期化するとそのユーザーが使ってきた痕跡が全てなくなると考えて良いでしょう。iPhone端末を売却したり譲渡する際に初期化が推奨されているのは、この「ユーザーの痕跡をなくす」ことが重要だからです。

2.iPhoneを初期化する方法

2-1.iPhoneを初期化する前に

前述の通り、iPhoneを初期化すると本体に保存されているデータは全て消去されます。なくなると困るファイルやデータがある場合は、初期化する前にバックアップをしておく必要があります。ただし、iCloudに保存されているデータはログアウトしない限りクラウドには残った状態となります。

iPhoneからiPhoneへ機種変更をして旧端末を手放す場合は、「Apple Watchとペアリングしている場合はペアリングを解除」→「バックアップ」→「iCloud、iTunes Store、App Storeからサインアウト」→「新iPhoneに復元」→「旧iPhoneを初期化」という手順を踏むことで旧iPhoneを安全に売却、譲渡することができます。

ここで重要になるiCloudからのサインアウトについての手順は、以下の通りです。

最初に「設定」アプリをタップ、自分の名前とアイコンが表示されている部分をタップします。

次の画面を下にスクロールすると「サインアウト」という表示があるので、そこをタップします。

Apple IDのパスワード入力を求められるので、ここでパスワードを入力して「オフにする」をタップします。

「コピーを残す」という項目にチェックが入っていないことを確認の上、右上にある「サインアウト」をタップして完了です。

Apple Watchとのペアリング解除は「Apple Watch と iPhone のペアリングを解除する」に方法の解説があります。iCloud、iTunes StoreおよびApp Storeからのサインアウトは「iPhone、iPad、iPod touch を売却または譲渡する前に」に方法が解説されています。

また、バックアップの手順については、「3.初期化に備えてiPhoneをバックアップする方法」で解説します。

2-2.iPhoneを初期化する手順

iPhoneを初期化する手順は、「設定」アプリを開くことから始めます。「設定」メニューの中から「一般」をタップします。

「一般」メニューに「リセット」という項目があります。その「リセット」をタップして次に進みます。

「リセット」メニューの中に「すべてのコンテンツと設定を消去」という項目があります。ここからiPhoneを初期化することができるので、この項目をタップします。

iPhoneの初期化は軽はずみにすることではないので、先に進むためにはパスコードの入力を求められます。パスコードを入力して、次の画面で「iPhoneの消去」をタップします。
その次にも、「本当に続けますか?」と念を押してくるので、ここで「iPhoneを消去」をタップすることにより、iPhoneの初期化が始まります。

ここまで念押しをしてくることからもお分かりのように、iPhoneの初期化は慎重に行うべき作業です。大切なデータを失うことがないよう、次項のバックアップをしっかり行った上で初期化に備えてください。

3.初期化に備えてiPhoneをバックアップする方法

iPhoneのバックアップを行う方法は、2つあります。Apple社のクラウドサービスであるiCloudを利用する方法と、パソコンと接続しiTunesを利用してバックアップを行う方法、それぞれのバックアップと復元の方法を解説します。

3-1.iCloudを利用する方法

iPhoneを利用しているユーザーは、iCloudというクラウドサービスを利用することができます。5GBまで無料で利用できて(有料であれば最大で2TBまで利用可能)、そこにiPhoneのファイルをバックアップすることができます。クラウドサービスなのでネットワークにつながれば「いつでも、どこでも」バックアップをできることが大きなメリットで、万が一iPhone本体を紛失したとしてもiCloudから大切なファイルを復元することができます。

このiCloudを使えば、iPhoneの初期化に伴って消去されるファイルのバックアップと復元が可能です。しかも、クラウドサービスなので特に何かバックアップのためのデバイスやケーブルを用意する必要がなく、Wi-Fi環境があれば今すぐ利用可能です。

3-1-1.iCloudによるバックアップの手順

iCloudを利用するにはWi-Fi接続の環境が必要なので、最初にご自宅やオフィスなどのWi-Fiに接続します。理由はバックアップに伴って大量のデータを通信するため、4G回線などを利用すると高額の通信料金が発生したり通信制限を受けてしまう可能性があるからです。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定」→「iCloud」→ご自身のユーザー名→「iCloud」の順にタップしていきます。

次の画面を下にスクロールすると出てくる「バックアップ」をオンにします。すでにオンになっている場合は、そのままでOKです。このスイッチがオンになっていると、以後iPhoneのデータが自動的にiCloudへバックアップされるのでとても便利です。

ちなみにAppleには「iCloud Drive」というサービスもありますが、こちらはiOS端末とパソコン間でファイル共有するためのアプリで、iPhoneのデータをバックアップするものではないのでご注意ください。

初期化に備えて現段階の最新データをバックアップするには、この画面の「今すぐバックアップを作成」をタップします。

3-1-2.iCloudによる復元の手順

初期化された、または新たなiPhoneを起動すると「こんにちは」と表示された画面から始まります。バックアップデータを復元するには大量のデータ通信が発生するので、設定画面ではWi-Fiネットワークを選択して、予めWi-Fiに接続しておきます。

iOS設定アシスタントが「iPhoneを設定」の画面になったら、ここで「iCloudバックアップから復元」をタップします。iCloudへのサインインに必要なIDとパスワードを入力して、次の画面でバックアップデータを選択します。

【重要】パスワード管理は厳重に!
ここで注意したいのはiCloudのパスワード管理です。せっかくバックアップをしておいたのに、iCloudのパスワードを忘れてしまうと復元することができません。本体内に保存しておいたとしてもiPhoneを初期化するとそのメモごとなくなってしまうので、本体とは別にメモをしておくなどの管理をおすすめします。

表示されているバックアップデータのうち、最も新しいものをタップするとiCloudバックアップデータからの復元が始まります。「アップデートが完了しました」と表示されたら、復元完了です。

3-2.iTunesを利用する方法

Apple社が提供しているiTunesサービスを利用すると、iPhoneのデータをパソコンに保存することができます。iCloudのようなクラウドサービスではないのでiPhoneとパソコンを接続する必要がありますが、パソコンの記憶領域に空き容量さえあれば容量を気にせずバックアップデータを保存できるメリットがあります。

iTunesを使ってiPhone初期化前のバックアップを行うには、パソコン側でiTunesアプリを開いた状態でiPhoneと接続してください。

3-2-1.iTunesによるバックアップの手順

iPhoneを初期化する前に、パソコン側にバックアップデータを作成します。iPhoneを接続した状態でiTunesを起動すると、左上に接続されているiPhoneのアイコンが表示されます。最初に、このiPhoneアイコンをクリックします。

次に左メニューの「概要」をクリックして、右側に「バックアップ」の設定画面が開いていることを確認してください。

ここではiCloudではなくiTunesを使ったバックアップを行うので、バックアップ設定画面では「このコンピュータ」を選択して、さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェックを入れて下さい。パソコンに保存されるバックアップファイルからの情報漏洩を防ぐために、ここではバックアップファイルの暗号化を強くおすすめします。暗号化を選択すると暗号化に必要なパスワードの入力を求められます。ここで入力したパスワードは復元のために必要なので、厳重に保管してください。このパスワードを忘れてしまうとiPhoneを初期化した後で復元できなくなってしまうので、メモなどに書き留めておいて下さい。

設定を完了して、「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが始まります。

3-2-2.iTunesによる復元の手順

初期化された状態、もしくは新しいiPhoneを起動すると「こんにちは」と表示される初期画面になります。

前項と同じくiPhoneと接続した状態でパソコン側のiTunesを起動し、接続されているiPhoneを選択して「概要」をクリックします。ウインドウの右側に「iPhoneを復元」というボタンがあるのでそれをクリックします。

復元するデバイスとバックアップの日付が表示されるので、それが合っていることを確認した上で「復元」ボタンをクリックすると復元が開始されます。バックアップ時にパスワードを設定していた場合はパスワードの入力を求められるので、それを入力します。

4.まとめ

ここまでiPhoneの初期化について、その手順や事前準備について解説をしてきました。最後までお読みになって、iPhoneの初期化自体はそれほど難しくないものの、それに備えるバックアップなどの事前準備がとても大切であることがお分かりいただけたと思います。

不用意に初期化をしてしまうと、もう後には戻れません。「事前準備が大切」という認識を持って、「やってしまった!」ということにならないようにこの記事の情報をお役立て下さい。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?