本当に修復が必要?誤解されがちなレジストリ問題の処方箋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジストリエラーというメッセージが画面に現れ、レジストリの修復が必要だと思い、その方法をお探しではないでしょうか? しかし待ってください。最近のOSはレジストリに不具合が生じないようになっており、それよりもエラーの警告をしてソフト購入を誘導する詐欺に遭遇する可能性が高いといえます。

レジストリについては誤解されていることが多いので、ここではまずレジストリの基本から見ていきます。あなたが直面している事態は、本当に修復が必要なのか、それを偽った詐欺なのか、見極めましょう。

もし本当に不具合が生じていた場合には、ここに取り上げる修復方法を参考にすると良いでしょう。

1.そもそもレジストリとは

1-1.レジストリの役割

registry-restoration-01

OS(パソコンを動かすためのWindowsなどの基本ソフトウェア)に関する基本情報をはじめ、アプリケーションの設定、ユーザーパスワードなどの情報が登録されるデータベースのことです。

Windowsでは1つのデータベースで集中管理し、その設定、更新、削除は自動的に行われます。このレジストリに不具合があると、OSやアプリが正常に動作しなくなる可能性があり、最悪の場合PCが起動しなくなるという事態も起こり得ます。

なお、Macではアプリごとに管理されるため、レジストリという概念はありません。

1-2.レジストリに関する誤解

Windows XPより前のPCは、長期間使用することによってレジストリの情報が肥大化し、これがPCの動作に不具合を生じさせる要因となっていました。そのためレジストリを最適化や修復するアプリ(レジストリクリーナー)が重宝されていました。

しかし、XP以降のOSは改良にともなって、そうしたアプリの必要性が以前と比べて減ってきています。下記はそのことについてMicrosoftが示している見解です。

Microsoft「レジストリクリーナーは必要か」

1-3.レジストリに不具合が生まれる原因

普通にPCを使っている限り、基本的にレジストリに関して何か特別なことをする必要はありません。ではどんなときに不具合が起こるのでしょうか。それを下記にまとめます。

<ハードディスクの故障に伴う破損>

ハードディスクが不安定な動作をしたり、動作停止するという物理的障害が発生した時に、レジストリが保存されている箇所も巻き込まれて壊れてしまう可能性があります。

<ウイルスなどのマルウェアによる改変>

マルウェアの中には、レジストリを不正に書き換えることによってPCを起動させなくするものが存在します。

<レジストリエディタでの人為的ミス>

レジストリは「レジストリエディタ」を用いることで書き換えができます。しかしPC上級者でなければ扱えないほどの複雑な構造になっており、誤って操作するとレジストリが壊してしまいます。

1-4.要注意!レジストリエラーを騙る詐欺が存在

registry-restoration-02

「レジストリエラーが発見されました」等の警告メッセージを表示させて、その対策ソフトを購入させようとする詐欺行為が頻発しています。フリーソフトインストール時や、広告リンクから誘導されるなど、これに遭遇する機会は少なくありません。なお、こうした詐欺メッセージは無視して問題ありません。

1-5.レジストリの修復を判断するポイント

XP以降のOSはレジストリは放っておいても基本的に問題はなく、故障、マルウェアによる改変、人為的ミスがなければ不具合は起きづらいと考えられます。もし本当の不具合が生じているならば、次章「レジストリを修復する方法」を参照して対策がとれます。

それに対して、ソフトの購入やダウンロードを促すメッセージは、詐欺だと思われます。この場合、レジストリを修復する必要はありません。

2.レジストリを修復する方法

自動で管理されるレジストリに対して、修復を目的に外部から手を加える方法は「書き換える」と「復元する」に大別できます。かつては専用ソフトで「クリーニングする」という手段が有効でしたが、現在は以前と比べて必要性は減少しています。

2-1.【初心者向け】システムの復元をする

初心者向けの方法がこちら。システムの復元をすると、レジストリを含むPCの設定を、復元ポイント作成時の状態に戻すことができます。この復元ポイントは、Windowsの設定が変更されるたびに、自動作成されているはずです。

詳しいやり方は3.「システムの復元」でレジストリを修復する方法で解説しています。

 2-2.【上級者向け】レジストリを書き換える

レジストリエディタを用いる方法です。破損した、あるいはマルウェアが不正に書き換えた箇所を削除したり、書き換えるという上級者向けの手順となります。PCが起動しなくなる可能性すらあるので、操作は自己責任だといえます。

詳しいやり方は4.使用は自己責任!レジストリエディタでレジストリを修復する方法で解説しています。

3.「システムの復元」でレジストリを修復する方法

ここでは初心者向けのやり方としてシステムの復元方法を紹介します。システムの復元を開始する際は、開いているすべてのファイルを保存して、すべてのプログラムを終了してください。

1.左下のスタートボタンをクリック。

registry-restoration-07
2.下段の検索欄に「システムの復元」と入力すると、上段にシステムの復元が表示されるのでクリック。

registry-restoration-08

3.「次へ」をクリック。

registry-restoration-09

4.復元される候補日が表示されるので、問題なければ「次へ」をクリック。

registry-restoration-10
5.「完了」をクリックするとシステムが指定した日時の状態に復元されます。

registry-restoration-11

システムの復元に関する詳細は、下記Microsoftサイトをご覧ください。
Microsoft「システムの復元」

4.使用は自己責任!レジストリエディタでレジストリを修復する方法

前述の通り、レジストリは複雑な構造になっているうえ、PCの動作に直接かかわるものなので、レジストリエディタを用いた方法は上級者向けです。それでも手を加えたいというのならば、自己責任の元に次の手順を試してみると良いでしょう。

4-1. 書き換える前にレジストリのバックアップを

レジストリエディタを用いる前には、万が一に備えてレジストリのバックアップをとっておく必要があります。システムの復元よりも手軽にできるので、必ず実行しましょう。下記はVista以降のOSで、レジストリをバックアップ&復元する手順が解説されたMicrosoftサイトの記事です。

Microsoft 「Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法」

4-2.レジストリエディタの使い方

ここではレジストリエディタの使い方を、Windows 7を例にしてみていきます。なおVistaや8でも、ほぼ同様の手順で実行できます。

<レジストリエディタの起動>

registry-restoration-03

スタートメニューの検索欄に半角で「regedit」と入力し、キーボードのEnterキーを押します。そして検索にヒットした「regedit.exe」をクリックします。

registry-restoration-04

レジストリエディタは、Windowsのエクスプローラーの操作と似ています。左ウインドウのフォルダツリーで選択した対象が、右ウインドウに表示されます。

<項目を削除する>

registry-restoration-05

削除したい対象があれば、右クリックして「削除」を選びます。

 <項目を編集する>

registry-restoration-06

編集する項目を選択し、右クリックで「修正」を選ぶと編集ウインドウが表示されます。ここで値のデータを変更します。

5.まとめ

レジストリとは、OSそのものやアプリの設定などを1つのデータベースにまとめたとても重要なものです。これが破損するとPCの動作が不安定になったり、起動しなくなることさえ起こり得ます。

とはいえ、最近のOSはレジストリに不具合が生まれにくいように改良されています。仮に破損するとすれば物理的な障害かマルウェアに起因するもの、または人為的ミスだと考えられますが、レジストリエラーの偽警告メッセージで不安を煽る詐欺行為には注意が必要です。これは実際にエラーではないので、無視して問題ありません。

もし本当の不具合が発生しているならば、初心者はシステムの復元によるレジストリの修復を、上級者はレジストリエディタによる修復をすると良いでしょう。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?