迷惑メール送信者への仕返し|自分ではダメ、情報提供で行政処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

迷惑メール送信者に対し、いっそのこと仕返ししてやりたいと思ったことはありませんか? この記事では大人の仕返しテクニックを教えます。

迷惑メール送信者が一番困るのは、法的に迷惑メール送信を禁じられることです。この記事では、専門期間への情報提供の流れを解説します。多くの情報が提供されることで、行政は迷惑メール送信者に処分を下します。

携帯、パソコンによる違いはあるものの、「迷惑メールの内容を転送する」という基本的な部分は変わりません。すぐに慣れますので、どんどん迷惑メールの情報を提供していきましょう。

1.迷惑メールが届いたら、すぐに情報提供しよう

総務省や消費者庁が、迷惑メール送信者の違法行為を取り締まるよう、専門機関を設けて情報収集をしています。私たちがこうした機関に情報提供することにより、送信者に行政処分が下されることになりますので、十分な撃退・仕返しの成果が得られます。

1-1.迷惑メール相談センターへ情報提供する方法

総務省から委託を受けた一般財団法人日本データ通信協会・迷惑メール相談センターへは、さまざまな方法で情報提供することができます。「受信に同意した覚えのない広告宣伝メール」「送信者や問い合わせ先などの記載がないもの」「送信者情報を偽って送られたと思われるメール」は、どんどん通報しましょう。

1-1-1.メールを転送する(スマートフォン・ケータイの場合)

もっとも分かりやすい手段が、meiwaku@dekyo.or.jpにメールを転送することです。以下ではキャリア別に、転送の方法を紹介していきます。

≪docomoスマートフォン、ケータイの場合≫
1.Android(SPモード)、FOMA
受信したメール本文の先頭に「受信日」「迷惑メール送信者のアドレス」を入力して転送します。

2. Android(ドコモメール)、iPhone
受信したメールを表示→「その他」または「メニューキー」→「迷惑メール報告」の手順で転送します。

≪auスマートフォン、ケータイの場合≫
受信したメールを、そのまま転送します。スマートフォンは「サーバ転送」、ケータイは「転送」を選択します。

≪SoftBankスマートフォン、ケータイの場合≫
1. 「S!メール(MMS)」
受信したメール本文の先頭に「受信日」「迷惑メール送信者のアドレス」を入力して転送します。

2. 「Eメール(i)」
受信したメールを、そのまま転送します。

≪ Y!mobile(旧WILLCOM・旧EMobile)の場合≫
受信したメール本文の先頭に「受信日」「迷惑メール送信者のアドレス」を入力して転送します。

 ≪QRコードを読み込む≫
転送先のメールアドレスは、QRコードを読み込んで入力すると、間違いがなく便利です。add_meiwaku_qrcode

1-1-2.メールを転送する(パソコンの場合)

スマートフォン・ケータイの場合と同様に、meiwaku@dekyo.or.jpに転送しましょう。ここではWindows Live メールを代表に、手順を説明していきます。

  1.  Windows Live メールを起動し、受信トレイで迷惑メールを選択します。複数の迷惑メールを選択する場合は[Ctrl]キーまたは[Shift]キーを押したまま選択してください。live1
  2.  選択した迷惑メールを右クリックして[添付ファイルとして転送] をクリックします。live2
  3.  新規メール画面が起動し、選択した迷惑メールが添付された状態となります。これを上記メールアドレスに送信しましょう。live3

1-1-3.情報提供フォームを利用する

迷惑メール相談センターのサイトには、「違反メール情報提供フォーム」が用意されています。「受信日時」「違反メールの送信者アドレス」「違反メールの件名」「違反メールの内容」などを入力して、情報提供が行えます。

spamcounter01

1-1-4.メーラーに「迷惑メール情報提供プラグイン」を導入する

簡単な操作で、一度にまとめて50通の迷惑メールを報告できます。総務省のダウンロードサイトからダウンロードできます。

live4

1-2. 日本産業協会から情報提供する方法

一般財団法人日本産業協会では、迷惑メールに関する各種違反の情報提供を受け付けています。

1-2-1.特定商取引法の表示義務に違反するメールの場合

ワンクリック詐欺や虚偽誇大広告など消費者を騙す意図のあるメール、あるいは受信に対する同意をした覚えのない迷惑メールが届いた場合は、下記のアドレスにそのまま転送しましょう。

spam-in@nissankyo.jp

転送の方法は、1-1.迷惑メール相談センターへ情報提供する方法と同様です。

1-2-2.オプトインメールの配信を解除したのに再度メールが届く場合

オプトインメール(請求または承諾して受け取った広告メール)に対して配信解除手続きを行ったのに、再度メールが届くようであれば、再送信禁止義務違反の情報提供から「オプトインして受け取った広告メール」「配信解除の連絡をしたメールまたは配信解除URL」「再度受け取った広告メール」に関する情報を入力して送信します。

spamcounter02

1-2-3.オプトインメールの解除方法が記載されていない場合

オプトインメールの配信を解除しようにも、その方法が記載された場所がないといったケースでは、配信解除方法の記載がないメールの情報提供から情報を送ります。

spamcounter03

1-2-4.郵便またはFAXでも情報提供できる

「様式のフォーム」をプリントアウトし、郵便またはFAXを送る手段もあります。郵送先などは郵便またはFAXによる再送信禁止義務違反の情報提供例にて確認してください。

spamcounter04

2.情報提供により行政処分された例

2-1.2014年の行政処分事例

多くの情報提供が集まれば、きっちり処分がくだされていることが確認できます。「他の誰かがしてくれるだろう」と放置せず、積極的に行動することが、迷惑メール送信者への具体的な報復に直結します。

≪2014年7月 P社に対する特定電子メール法違反に係る措置命令の実施≫
法第7条の規定に基づき措置命令が行われました。少なくとも2013年12月18日から2014年4月27日までの間、広告メールを送信していました。相談のあったメールの通数は、513人から、のべ6950通。

≪2014年5月 M社に対する特定電子メール法違反に係る措置命令の実施≫
法第7条の規定に基づき措置命令が行われました。少なくとも2014年2月4日から2014年5月1日までの間、広告メールを送信していました。相談のあったメールの通数は、450人から、のべ3026通。

≪2014年2月 S社に対する特定電子メール法違反に係る措置命令の実施≫
法第7条の規定に基づき措置命令が行われました。2013年10月30日から2014年1月16日までの間、広告メールを送信していました。相談のあったメールの通数は、247人から、のべ12647通。

≪2014年1月 N社に対する特定電子メール法違反に係る措置命令の実施≫
法第7条の規定に基づき措置命令が行われました。少なくとも2013年7月1日から2013年10月31日までの間、広告メールを送信していました。相談のあったメールの通数は、1760人から、のべ13387通。

2-2.違反メール情報の受け付け状況

平成25年8月から平成26年7月までの累計件数は、約2833万件となります。こうして情報提供が集まることにより、迷惑メールを送信する悪徳事業者に対しての処分がくだされます。

spam-repulsion01

出典:一般財団法人日本データ通信協会

3. 「特定電子メール法」と「特定商取引法」の違い

迷惑メールを専門機関に通報するのが有効になるのは、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律と、特定商取引に関する法律が存在するからです。これらの法律に基づき、違反者には行政処分が下されるわけです。

3-1. 特定電子メール法は送信者に対する規制

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律は、俗称を迷惑メール防止法と呼ぶもので、主に送信者に対する規制です。事業者が自己または他人の営業について広告メールを送信するケースに、広く適用されます。電子メール送信に関わるトラブルを防ぐ目的があります。くわしくは特定電子メールの送信の適正化等に関する法律で確認できます。

spamcounter05

3-2. 特定商取引法は広告主に対する規制

特定商取引に関する法律は、特商法と呼ばれるもので、広告主に対する規制です。事業者が取引商品などについて広告メールを送信する場合に適用されます。商取引における消費者保護や、取引の公正のためにあります。くわしくは特定商取引に関する法律で確認できます。

spamcounter06

4.まとめ

迷惑メール送信者にリアルな仕返しをしようとしたら、専門機関への情報提供がもっとも効果的であることをここまで解説してきました。多くのユーザーから苦情が集まることで行政は処分に動きやすくなります。淡々と情報提供をしていきましょう。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?