スタバなど無料Wi-Fiで注意したいリスクとその解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ(スターバックスコーヒー)など、最近では店内に無料Wi-Fiサービスを設けているカフェが多くなっています。このWi-Fiサービスを使えばスマホのデータ通信料節約になりますし、ノマドワークなどノートパソコンで仕事をする人にとっても快適です。

特にスタバではWi-Fiだけでなく電源コンセントを利用できる席を設けていることもあり、ノートパソコンを広げている人の姿も珍しくありません。

とても便利なサービスなだけに利用者からも人気ですが、セキュリティなどに関する不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこでこの記事では、スタバなどの無料Wi-Fiサービスを安全かつ快適に利用するために必要な知識を、セキュリティ面を中心に解説します。

目次:

1.スタバのWi-Fiサービス概要
・1-1.スタバの無料Wi-Fiサービスとは
・1-2.スタバの無料Wi-Fiに接続する手順
・1-3.スタバの無料Wi-Fiの安全性について
2.スタバWi-Fiを利用する際のリスクと解決法
・2-1.非暗号化通信のリスク
・2-2.スタバWi-Fiを安全に利用する方法
3.スタバWi-Fiでよくある現象の原因と対処法
・3-1.しばらく使っていると勝手に切れる
・3-2.突然Wi-Fi接続が切れる、もしくは通信速度が遅い
・3-3.安全な接続ではないという警告が表示される
4.まとめ

1.スタバのWi-Fiサービス概要

最初に、スタバの無料Wi-Fiサービスについてその概要や使い方を解説します。

1-1.スタバの無料Wi-Fiサービスとは

スタバの多くの店舗では店内に無料で接続できるWi-Fiサービスがあります。接続方法も難しくはなく、一度の接続で1時間まで利用可能です。1時間経つと接続が自動的に切れますが、再度接続しなおせばまた1時間利用できます。

Free Wi-Fi(STARBUCKS)

1-2.スタバの無料Wi-Fiに接続する手順

スタバの無料Wi-Fiに接続する手順は、とても簡単です。

手順① 「at_STARBUCKS_Wi2」というSSIDを探します。

手順② 接続したら自動的に開くログイン画面で「インターネットに接続」をクリック(タップ)します。

手順③ 利用規約への同意を求められるので、「同意する」をクリック(タップ)すると、インターネットに接続されます。これで接続操作は完了です。
一度の操作で1時間接続できるので、もし1時間以上利用したい場合は接続が切れた時に再び同じ操作をします。

1-3.スタバの無料Wi-Fiの安全性について

先ほどの操作で注目していただきたいのは、ボタンの下にある注意書きです。暗号化されていないため通信を傍受されるおそれがある、とあります。

この注意書きの通り、スタバの無料Wi-Fiは暗号化されていません。誰でも簡単に利用できるようにする利便性向上のためですが、利便性が高い一方でセキュリティには注意してくださいよという意味です。この対策については、本記事内で後述します。

2.スタバWi-Fiを利用する際のリスクと解決法

スターバックス社も「傍受のおそれ」というように注意喚起をしている非暗号化Wi-Fi通信のリスクと、その解決方法について解説します。

2-1.非暗号化通信のリスク

Wi-Fi通信が暗号化されていないと、どんなリスクがあるのでしょうか。

2-1-1.通信内容の覗き見、情報漏洩

Wi-Fiは電波による無線通信なので、その電波が届くところにいれば受信することが可能です。暗号化されていれば仮に受信できたとしても意味を解読することができませんが、スタバのWi-Fiをはじめとする各種無料Wi-Fiサービスの多くは暗号化されていないため、やり方さえ知っていれば通信内容を覗き見することができてしまいます。

ただ、昨今のサイトはほぼhttps接続が標準となっているため、内容の覗き見は出来ないと思われます。

これはスタバのWi-Fiに限らず、暗号化されていないWi-Fi全体に付き物のリスクです。

2-1-2.不正アクセス

スタバの店内でWi-Fiを利用している人は無線LANによって接続されています。同じLANに接続されている他のデバイスからはアクセス出来ないように設定されていますが、用心に越したことはありません。

共有フォルダの設定を解除したり、他人に見られたくないファイルなどを外部記憶装置に転送しておくなどの対策をしておくと良いでしょう。

2-1-3.直接的な覗き見

Wi-Fiの利用と直接の関係はありませんが、スタバのように多くの人が出入りするような空間でノートパソコンやスマホなどを使っていると、その画面を覗き見されるリスクがあります。

特にノートパソコンは画面が大きく、多少離れたところからでも画面を見ることができるため、モニターに映し出されている内容が漏洩する可能性があります。

Wi-Fiの暗号化と直接の関係はないものの、せっかくWi-Fiのセキュリティに留意していてもこうした覗き見によって情報が漏洩してしまっては本末転倒なので、こちらも留意しておくべきでしょう。

2-2.スタバWi-Fiを安全に利用する方法

スタバの無料Wi-Fiサービスを安全かつ快適に利用する方法について、4つの対策を解説します。

2-2-1.VPNを利用する

暗号化されていないWi-Fiであっても、VPNというサービスを使うことによって暗号化をして、通信内容の覗き見を防ぐ方法があります。VPNとはVirtual Private Networkの略で、日本語では仮想専用線と訳されています。

暗号化をすることで擬似的な専用線を作り、そこでデータをやり取りすることでその内容が守られるという仕組みです。VPNについての詳しい解説や具体的な利用方法については、以下の記事をぜひご参照ください。

VPNとは?その基本と無料Wi-Fiを安全に利用する方法

2-2-2.セキュリティソフト(アプリ)を導入、最新の状態に保つ

暗号化されていないWi-Fiでの通信に限らず、あらゆるリスクへの対策という意味においてセキュリティソフトを導入して常に最新の状態に保っておくことは有効です。どの製品も期限内は有料版と同様の機能が無料で使用できます。

セキュリティソフト名 体験版日数
ノートン セキュリティ(Mac版含む) 最大60日間
カスペルスキー インターネットセキュリティ 30日間
マカフィー インターネットセキュリティ 30日間
ウイルスバスター クラウド 30日間

最近ではパソコンだけでなくスマホを狙った脅威も顕在化してきているので、スマホユーザーの方も他人事と思うことなく対策をしておきましょう。これらの実績のあるセキュリティソフト企業がリリースしているセキュリティアプリであれば、実際に存在する数多くのマルウェアを検知してくれます。

モバイル セキュリアプリ名 体験版日数
ノートン モバイルセキュリティ 30日間
カスペルスキー インターネットセキュリティ 30日間
マカフィーモバイルセキュリティ&アンチウイルス 14日間
ウイルスバスター モバイル 30日間

2-2-3.ファイル共有設定を無効にしておく

LAN内のデバイス間でファイルのやり取りをする際に共有機能を使うと便利ですが、暗号化されていない公衆Wi-Fiに接続している場合は、同じLANの中に他人も接続されている状態になるため、ファイル共有の設定を無効にしておくことをおすすめします。

スタバのWi-Fiはこの設定が有効になっていても共有ファイルにアクセスできないように設定されていますが、特にスタバ以外のWi-Fiに接続する可能性がある場合は無効にして用心するに越したことはありません。

2-2-4.トイレなど離席時の覗き見を防ぐ

先ほど直接的な覗き見のリスクについて述べましたが、このリスクを解消するためにトイレなど離籍席をする際に画面を閉じておきましょう。もちろん画面を閉じてから再開する際にはパスワードの入力を求める設定にしておくことも必須です。

スマホの場合は離席する時も持って席を立つことを強くおすすめします。スマホの場合はロック画面を設定していたとしても端末そのものの盗難リスクがあるため、常に身につけておくのが無難です。

3.スタバWi-Fiでよくある現象の原因と対処法

スタバのWi-Fiサービスを利用するのにあたって、よくある現象についての解説と対処法も付け加えておきたいと思います。

3-1.しばらく使っていると勝手に切れる

快適に使っていたのに突然Wi-Fiが切れたという場合は、まず利用時間をチェックしてみてください。スタバの無料Wi-Fiは1時間で自動的に切れるようになっているため、気づかぬうちに1時間が経過している可能性があります。

その場合は最初と同じ手順で接続しなおせば、同様に利用することができます。

3-2.突然Wi-Fi接続が切れる、もしくは通信速度が遅い

利用開始から1時間経っていないのにWi-Fiの接続が切れてしまったり、切れないまでも通信速度が遅くなることがあります。この場合、店内に同じくWi-Fiを利用している人の数が多くなり、回線が混み合っていることが考えられます。

時間によっては学生の方などがWi-Fi利用目的でスタバを利用するというケースも多いため、Wi-Fiを使用する人が増えるとその分通信速度は遅くなります。

3-3.安全な接続ではないという警告が表示される

スタバなどの無料Wi-Fiサービスに接続すると、セキュリティソフトが警告を発することがあります。例えば、ノートンモバイルセキュリティでは以下のような警告を発します。

暗号化されていないWi-Fiに接続しようとすることを受けてそのリスクについての警告を発しているので、この記事で解説しているようなリスクについて理解した上で接続を継続してください。

「リスクがある」という警告であり、そのまま接続を継続すると今すぐ大変なことになるというわけではありませんので、ご安心ください。

とはいえリスクがあることに変わりはないので、より確実にセキュリティを確保するのであればVPNを利用するか、もしくは暗号化されていないWi-Fiでの通信内容に注意するなどの対策をとってください。

4.まとめ

スタバをはじめとするカフェなどで普及が進んでいる無料Wi-Fiは、ノマドワーカーの方々や外国人観光客、さらにはデータ通信量を節約したいスマホユーザーなどにとって大変便利なサービスです。

しかしその一方で利便性を確保するために暗号化されていないことなど一定のリスクがあるので、それを理解した上でしっかりと安全を確保し、安全かつ快適に無料Wi-Fiサービスを利用しましょう。

Android版『ノートンセキュリティ』 30日無料体験版をダウンロード
ノートンセキュリティ

近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

  • 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された
  • 電話帳のデータが知らないうちに流出していた
  • 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた
  • 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた

スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?