不安解消!Twitterのセキュリティ対策と予防4ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter セキュリティ

いつも使っているTwitterのセキュリティについて、ふと不安になることはありませんか?ログイン情報を盗まれたり、アカウントを乗っ取られたりという話は依然として多く報告されており、最近ではスマホを狙った手口も多く聞かれるようになりました。友達に覚えのないDM(ダイレクトメッセージ)を送信していたり、勝手に知らない人をフォローしていたら、アカウントが危険な状態にある可能性大!

ですが、いきなりそんな可能性に直面したらパニックになってしまい、どうしたらいいかわからなくなってしまうかもしれません。でも安心してください。あなたのTwitterアカウントの状態は自分ですぐに確認できますし、万が一乗っ取られていても、効果的な対策法はすでに判明しています。
今回は安全にTwitterを使うためのコツとあわせて解説していきます。

1.Twitterのセキュリティ状況を今すぐチェックする方法

1-1.Twitterの連携アプリに怪しいアプリはないか

Twitterが乗っ取られる場合、意図せずして危険な外部のアプリと連携してしまっている場合がほとんどです。アカウントと連携した外部アプリは、DM送信、ツイート、フォロー、フォロー解除、ブロックなどを自由に行えてしまいます。
現在どんなアプリと連携しているかは、以下の方法で簡単に調べられます。

【Windows、macOS】

  1. Twitterにログイン
  2. 上段のバーの右から2番目、小さく表示されているプロフィールアイコンをクリックし、開いたメニューから「設定をプライバシー」をクリックします。
  3. 左のメニューの【アプリ連携】をクリックする
  4. こちらが現在連携している外部のアプリ一覧を確認してみてください。怪しげなアプリや身に覚えのないアプリがないかどうか見てみてください。

【Android、iOS】

  1. Android、iOSそれぞれの端末でブラウザからtwitter.comを開いてログインします。
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップ、メニューを開いて「設定をプライバシー」をタップします。
  3. 「アプリケーション」をタップして、身に覚えのないアプリや怪しげなアプリがないかチェックしてみてください。

1-2.身に覚えのないDMは送信されていないか

アカウントを乗っ取られると、たいていの場合はDMが勝手に送信されます。DMの本文にはクリックするとアカウントの乗っ取りにつながる、危険なWebアドレスが記載されていることが多いです。

自分が送ったDMは、以下の手順で確認できます。

【Windows、macOS】

  1. Twitterにログインし、ホーム画面の「メッセージ」ボタンをクリックします。
  2. 過去のDMの送受信履歴が表示されます。

【Android、iOS】

  1. Android、iOSそれぞれの端末でブラウザからtwitter.comを開いてログインします。
  2. 上部メニューの右端、ダイレクトメッセージのアイコンをタップして表示されるメッセージの中に身の覚えのないものが含まれていないかチェックしてみてください。

1-3.身に覚えのないツイートはされていないか

DM同様、勝手にツイートされることもありえます。念のため、自分の過去のツイートをチェックしてみましょう。ホーム画面でプロフィール画像の下にある【ツイート】をクリックすれば、これまでのツイートが確認できます。なお勝手にツイートされたのち、すぐにその投稿を削除、またツイート、そして削除を繰り返す悪質な手法も存在しています。

【Windows、macOS】

【Android】

Twitterアプリでホーム画面を開き、左上のプロフィールアイコンをタップ、再度左上のプロフィールアイコンをタップすると、自分のツイートが表示されます。この中に怪しげなものや身に覚えのないものがないかチェックしてください。

※この操作はブラウザからtwitter.comへのログインではなく、Twitterアプリからの操作なのでご注意ください。

【iOS】

Twitterアプリでホーム画面を開き、左上のプロフィールアイコンをタップ、再度左上のプロフィールアイコンをタップすると、自分のツイートが表示されます。この中に怪しげなものや身に覚えのないものがないかチェックしてください。

※この操作はブラウザからtwitter.comへのログインではなく、Twitterアプリからの操作なのでご注意ください。

1-4.これらに該当しなければ、アカウントは安全

連携、DM、ツイートそれぞれに問題なければ、あなたのアカウントは安全と判断してもよいでしょう。

2.乗っ取られていたら、すぐに打つべき対策

2-1.怪しいアプリとの連携を解除する

アプリ一覧の中に、見るからに怪しいものを見つけたら、【許可を取り消す】ボタンをクリックして連携を解除しましょう。

【Windows、macOS】

右上のプロフィールアイコンをクリック、左メニューの「アプリ連携」をクリックすると、以下の画面になります。ここで怪しいアプリ、身に覚えのないアプリがあったら許可を取り消してください。

【Android、iOS】

ブラウザからtwitter.comにログイン、左上のプロフィールアイコンをタップして次のメニューから「設定とプライバシー」→「アプリケーション」の順にタップします。そこ表示されたアプリの一覧に怪しげなアプリがあったら、許可を取り消してください。

連携はあとからでも簡単にできますので、少しでも怪しいと思ったもの、覚えがないものは積極的に連係解除して問題ありません。

2-2.すでにつぶやかれている覚えのないツイートを削除する

各ツイートの右上にある下向き矢印のアイコンをクリックするとメニューが開きます。そこにある「ツイートを削除」をクリックすると、そのツイートを削除することができます。

【Windows、macOS】

【Android】

【iOS】

2-3.パスワードを変更する

念のため、新しいパスワードを以下の手順で設定しましょう。

【Windows、macOS】

  1. 上段のバーの右から2番目、プロフィールアイコンをクリック、「設定とプライバシー」をクリックします。

  2. 左のメニューの「パスワード」をクリックして、新しいパスワードを設定します。他の利用しているサービスと同じパスワードを使用しないようにしましょう。情報が漏れたときにはアカウントが乗っ取られる可能性があります。

【Android、iOS】

  1. Android、iOSそれぞれの端末でブラウザからtwitter.comを開いてログインします。
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップ、表示されたメニューの「設定とプライバシー」をタップします。
  3. 次のメニューで「パスワード」をタップすると、パスワード変更の画面になります。ここで現在のパスワードを入力した後、新しく設定したいパスワードを2回入力して最後に「保存」をタップします。

3.アカウント乗っ取りを未然に防ぐには

3-1.DMに送られてくるリンクはクリック厳禁!

DM本文内のWebアドレスには要注意。知らない人からのDMはもちろん、知り合いからのものでも、いきなりクリックしてはいけません。なぜなら知り合いのアカウントがすでに乗っ取られ、本人が知らないうちに危険なDMを送信しているケースが多いからです。
特に英文のDMには要注意です。

3-2.あやしげな外部アプリの認証は要注意

アカウントを乗っ取る外部アプリは、最終的に「連携アプリを認証」することで、各種迷惑行為を行えるようになります。認証する前に一呼吸をおいて、本当に必要な外部アプリなのかを今一度確認してください。

またTwitter本体の画面以外、外部のサイトでアカウントとパスワードの入力を求められたら、確実にクロなので気をつけましょう。

4.安全にTwitterを使うために覚えておきたいこと

4-1.不自然なDMやメンションは無視

なんの脈絡もなしにこちらのメールアドレスを聞き出そうとするもの、特定のサイトへのアクセスをうながすDMやメンション(自分への宛先が入ったツイート)は、相手をしないにかぎります。

Twitter セキュリティ 12 Twitter セキュリティ 11

4-2.世界中の人間が読んでいることを意識する

職場や仲間への愚痴、特定のお店などへのクレームはトラブルの元になりかねません。ツイートされた瞬間、その内容は世界中の誰もが目にすることができることを、いつも忘れないようにしてください。

4-3.プライバシー関連の設定を変更する

プライバシーに関する設定も確認しておきましょう。

【Windows、macOS】

  1. 上段のバーの右から2番目、プロフィールアイコンをクリックして「設定とプライバシー」をクリックします。

  2. 左のメニューから「プライバシーとセキュリティ」をクリックする

【Android、iOS】

  1. Android、iOSそれぞれの端末でブラウザからtwitter.comを開いてログインします。
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップ、表示されたメニューの「設定とプライバシー」をタップします。
  3. 一番上の「プライバシーとセキュリティ」をタップします。
  • 【自分を画像にタグ付けすることを許可】投稿された画像に対し、誰が写っているかをタグ付けする機能を設定できます。心配なら【フォロー中のアカウントのみ】か【オフ(許可しない)】を選択しましょう。
  • 【ツイートの公開設定】チェックを入れてツイートを非公開にすると、自分が承認したユーザーにしかツイートは公開されません。限られた人とだけやりとりする場合、この設定をオンにしましょう。
  • 【位置情報をツイート】自分の位置をツイートに情報とした付け加える設定です。特に理由がなければチェックを外しておきましょう。
  • 【見つけやすさ】チェックを入れると、Twitterに登録したメールアドレスからあなたが検索可能になります。不要ならチェックを外しましょう。

5.まとめ

あなたのアカウントは無事でしたか?
Twitterのセキュリティは本来強固で、外部からの単純な攻撃で、アカウントが乗っ取られたり、情報が流出することはまずありません。
なにかトラブルがあるとすれば、私たちユーザー側がとったなにげない行動が、実は危険なものだった…というケースが大半です。
この記事で紹介した安全に使うコツを踏まえつつ、万が一のときには素早く対処して、楽しいTwitterライフを送ってください。

※記事内容の利用実施は、ご自身の責任のもとご判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの動きが遅いと感じたら、
無料でウイルススキャンしてみませんか?
ノートンセキュリティ

あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 
近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。

あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。この方法は、以下のようなメリットがあります。

  • ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン
  • ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出
  • 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除

現在、ノートンセキュリティでは、30日間無料で最新版がご利用いただけます。今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。



2ヶ月間の無料体験版
ノートンセキュリティの魅力とは?